2023年12月27日(水曜日) 1ページ 巨大ITの話題

米アップルやグーグルなどの巨大IT(情報技術)企業に、日本市場での独占的地位の乱用を防ぐ規制の網がかかる。政府はスマートフォンの基本ソフト(OS)提供企業がアプリストアの運営や決済システムを独占できないようにする。スマホのアプリ配信や決済システムの分野で他企業との競争を促すと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77298830X21C23A2MM8000/

2023年4月6日(木) 1ページ メタ社の話題

米メタ(旧フェイスブック)は5日、文章や画像などを自動的に作る生成人工知能(AI)を年内に商用化する方針を明らかにした。同社は2013年にAIの研究に本格的に着手し、論文の引用数などで米グーグルに次ぐ地位を占める。グーグルなども商用化の方針を示しており、米テクノロジー大手の相次ぐ参入で普及に弾みがつきそうだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69935490W3A400C2MM8000/

2023年2月27日(月) 1ページ 次世代車特許

米テック大手5社の自動車の次世代技術関連特許を分析したところ、出願数でアマゾン・ドット・コムが首位だった。新興企業の買収によって、グーグルが強かった自動運転分野でアマゾンの出願数が急増した。次世代車技術の競争力は生産規模ではなく人工知能(AI)など知的財産が左右する。テック大手の台頭で自動車の競争や協業のあり方が変わる。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68785040X20C23A2MM8000/

2022年10月8日(土) 日本経済新聞 1ページ グーグル、1000億円日本投資

米グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は7日、日本で2024年までに1000億円を投資する計画を明らかにした。同社では日本で初めてとなるデータセンターの建設などに充てる。景気の減速感が強まるなか業務の効率化を加速する一方、日本を含むアジア・太平洋地域への投資を優先することにより成長を取り込む姿勢を鮮明にすると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65005580Y2A001C2MM8000/

2022年6月12日(日) 日本経済新聞 3面 FAANG

米IT(情報技術)大手5社のフェイスブック(現メタ)、アップル、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル(上場するのは親会社のアルファベット)の頭文字をとった造語。米国の人気株式評論家、ジム・クレイマー氏が2013年にアップルを除く4社を「FANG」として提唱した。英語の「牙」に「熊(ベア=弱気相場)にかみつく可能性がある銘柄」との意味を込めた。17年にアップルが加わった。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61652090R10C22A6EA2000/

4月4日(木) 日経朝刊7面 〇〇〇をバカにするな

GAFAにマイクロソフトを加えた米IT(情報技術)5社は超巨大データセンターへの投資額ビッグ5でもある。豊富なコンピューター資源を使い、いまデジタル娯楽の分野で攻勢をかけると日経新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43284000T00C19A4TCT000/

2月13日(水) 日経朝刊1面 自動運転〇〇データ 日米連合

自動運転に不可欠な〇〇データ基盤の構築で日米企業が手を組むと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO41196170T10C19A2MM8000/

1月26日(土) 日経朝刊12面 開拓者、自負が過信に パイオニア上場廃止へ 〇〇〇〇、淘汰の波

パイオニアはアジア系ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアからの出資受け入れを決め、上場廃止となることを日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40508950V20C19A1TJ1000/