2024年5月7日(火曜日) 1ページ インテルの話題

米インテルとオムロンなど国内14社が半導体を最終製品に組み立てる「後工程」を自動化する製造技術を日本で共同開発することが6日、わかった。2028年までに実用化する。日米でサプライチェーン(供給網)の地政学リスクを軽減すると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80480450X00C24A5MM8000/

2024年4月9日(火曜日) 1ページ TSMCの工場の話題

米商務省は8日、半導体世界大手の台湾積体電路製造(TSMC)が米アリゾナ州に建設する新工場に最大66億ドル(約1兆円)の補助金を支給すると発表した。TSMCは第3工場を設け、先端半導体を生産する。米国は中国に頼らない半導体供給網の構築をめざすと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79884490Z00C24A4MM8000/

2024年3月27日(水曜日) 1ページ 公示地価の話題

国土交通省は26日、2024年の公示地価を発表した。全用途の全国平均は前年比2.3%上がり、伸び率はバブル期以来33年ぶりの高さだった。株価や賃金に続き土地にも上昇の波が広がり、日本は脱デフレの転機を迎える。先行きの利上げを懸念し、海外マネーには変調の兆しもあると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79561290X20C24A3MM8000/

2024年1月20日(土曜日) 2ページ 半導体市況の話題

半導体市況の底入れ期待が日本株を押し上げている。19日の東京株式市場では日経平均株価が反発し、4日ぶりにバブル経済崩壊後の高値を付けた。半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が2024年の売上高が過去最高になるとの強気見通しを示し、国内でも関連銘柄に資金が流入したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77826030Z10C24A1EA1000/

2023年11月10日(金曜日) 1ページ 中国減速の話題

中国景気の減速で世界の製造業の業績が悪化している。2023年7~9月期の純利益は前年同期より9%減り、4四半期連続で減益だった。スマートフォンや半導体が不振で、設備投資需要も低調だった。金利上昇で利ざやが改善した金融や生産が正常化した自動車が支えて、全体は3%の増益だった。米中景気の先行きが懸念され、増益基調が続くかは不透明だと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76019510Q3A111C2MM8000/

2023年9月25日(月曜日) 1ページ 半導体新工場の話題

三菱ケミカルグループは半導体材料の国内新工場を建設して2025年3月期にも稼働させる。半導体受託製造の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の日本進出などを機に素材や装置産業で国内供給網の再構築が広がっていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74706490V20C23A9MM8000/

2023年9月2日(土曜日) 5ページ ラピダスの話題

最先端半導体の受託製造を目指すラピダスが1日、北海道千歳市で工場起工式を開いた。2027年に回路線幅2ナノ(ナノは10億分の1)メートルを使った最先端半導体の量産開始を目指す。量産実現には製造技術開発、国内外での顧客獲得、総額5兆円の巨額資金確保という3つの壁を乗り越える必要があると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74115530R00C23A9EA4000/

2023年8月23日(水曜日) 14ページ 富士フイルムの話題

富士フイルムホールディングスが成長の持続性という難題に挑んでいる。約20年にわたって高成長をけん引した「カリスマ経営者」古森重隆元会長兼最高経営責任者(CEO)が2021年に退任。バトンを引き継いだ後藤禎一社長兼CEOは、次の成長の柱を育てようと事業創出にまい進する。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73806550S3A820C2TB1000/

2023年7月25日(火曜日) 14ページ ラピダスの話題

「米国でパートナーを探し、GAFAM(米巨大IT5社)の中の一部企業と既に協議を始めている。具体的にはデータセンターに需要がある。彼らが思い描く半導体を作れる会社は今は世界にTSMC(台湾積体電路製造)しかない。そこにラピダスが入っていく」(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73013160U3A720C2TEB000/

2023年7月23日(日曜日) 1ページ 工業用水新設の話題

経済産業省は地方自治体による半導体工場の誘致を後押しするため、2024年にも半導体生産に欠かせない工業用水の整備への補助金支給を再開する。国内で相次ぐ半導体工場の新設に対応する。水インフラを整えて生産を下支えし、立地競争力を高めると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72978510T20C23A7MM8000/