2023年9月12日(火曜日) 1ページ ドローンの話題

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、大国のあからさまな侵略行為は起きないという冷戦後の国際秩序の前提をあっさりと覆した。1年半を超えて続く戦闘の現実は世界各国に対応を迫っている。現地取材を通じ、新しい戦争の姿を探った。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74358810S3A910C2MM8000/

2023年8月21日(月曜日) 1ページ 半導体設備投資の話題

半導体設備投資にブレーキがかかっている。世界主要10社の2023年度の投資額は前年度比16%減の1220億ドル(約17.5兆円)で4年ぶりに減少する。将来の成長期待をにらんだ政府主導の投資誘致で工場の建設ラッシュが続いたが、中国景気の減速懸念もあり各社は投資に慎重になっている。足元では価格に下押し圧力が働くと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73747400R20C23A8MM8000/

2023年8月15日(火曜日) 9ページ 中国テック株の話題

中国のテック株の上値が重い。米中対立の激化に中国政府の規制懸念、経済成長の鈍化を含めた三重苦が足かせだ。人工知能(AI)ブームに乗れるかが株式相場の騰勢を左右する傾向が強まるなか、ネット通販大手のアリババ集団やネット大手の騰訊控股(テンセント)などテック株の不調は中国株をけん引するエンジン役の不在を浮き彫りにすると日本経済新聞が報じています。

 

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73585440U3A810C2ENG000/

2023年8月2日(水曜日) 1ページ AI、法務省が指針の話題

法務省は1日、企業間で交わす契約書を人工知能(AI)で審査するサービスの指針を公表した。法的に争いのない取引契約などを「適法」とした。法律に抵触しない目安を示すのは初めて。法的に曖昧な部分を整理し、企業法務の現場でAIサービスを活用しやすくしたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73271590S3A800C2MM8000/

2023年7月27日(木曜日) 1ページ 生成AIの話題

米マイクロソフトは対話型の生成AI(人工知能)「Chat(チャット)GPT」の基盤技術をデジタル庁に提供する。機密情報を扱えるように専用設備を国内に置く。政府は国会答弁の下書きや議事録作成といった用途で活用し、行政のデジタル化や霞が関の働き方改革につなげると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73088240X20C23A7MM8000/

2023年7月19日(水曜日) 1ページ ソフトバンク投資再開の話題

ソフトバンクグループ(SBG)が新規投資を再開する。世界の人工知能(AI)関連企業に投資する傘下のビジョン・ファンド(SVF)を通じ、保険とデジタル技術を組み合わせたインシュアテック(保険テック)と呼ばれる英企業に出資したことがわかった。既存株主を含めた出資額は6500万ドル(約90億円)。新規投資が明らかになるのは2023年に入って初めてと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72856570Z10C23A7MM8000/

2023年7月10日(月曜日) 新聞休刊日につき、7月9日 26ページ 天気予報の話題

今年の梅雨も線状降水帯が多発し、大雨被害が出ている。きめの細かい正確な天気予報が必要だが、この時期の雨予報の的中率は80%前後と他の時期に比べて低い。「一番当たる予報」の実現へ、計算機科学を駆使した官民の挑戦が続く。

正確な予報は防災上、不可欠だがそれだけではない。悪天候は衣類、飲料、レジャー関連の消費などに直結する。洪水は物流や生産計画に打撃を与える。数ポイントの的中率向上でも、事業リスクを正確に把握し回避するうえで意味は大きいと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72607480Y3A700C2TYC000/

2023年6月23日(金曜日) 1ページ 設備投資の話題

日本経済新聞社がまとめた2023年度の設備投資動向調査で、全産業の計画額は前年度実績比16.9%増の31兆6322億円となった。当初計画ベースで初めて30兆円を超えた。電気自動車(EV)の世界的な需要拡大で自動車関連の投資が活発だ。人手不足の中で人工知能(AI)など生産性を向上させるデジタル分野の投資も目立つ。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72140630T20C23A6MM8000/

2023年6月10日(土曜日) 1ページ 和製AIの話題

NTTは2023年度中にも独自開発した生成AI(人工知能)を企業向けに展開する。金融や医療など分野に応じた専門知識を学習させ、各業界の顧客ニーズにきめ細かく対応する。汎用的な生成AIを展開する米テック企業とは一線を画し、使い勝手と運用コスト低減で差異化する。「和製AI」が巨大テックに対抗するモデルケースになる可能性があると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71788000Q3A610C2MM8000/

2023年5月28日(日) 3ページ IBMの人工知能の話題

5年後には単純な事務作業の30%が不要になる――。米IBMのアービンド・クリシュナ最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に応じ、文章や画像を生成する高度な人工知能(AI)の登場などで働き方が大きく変わるとの見通しを語った。効率的な働き方のためには「テクノロジーは選択肢ではなく、必要不可欠になる」と強調したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71398320Y3A520C2EA2000/