2021年12月13日(月) 日本経済新聞 新聞休刊日 12日の7面 迫られる中国リスク分散

ソフトバンクグループ(SBG)傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド(SVF)」が欧州企業への投資を増やしている。欧州で有力企業が相次ぎ生まれているためだ。主要出資先である中国企業の価値が下がりリスク分散を迫られている面もある。米財務省は10日、SVFが出資する中国企業、商湯集団(センスタイム)について証券投資を禁じるリストに追加した。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78374350R11C21A2EA5000/

2021年12月10日(金) 日本経済新聞 9面 SBI、新生銀株過半取得へ

SBIホールディングス(HD)は新生銀行株の過半取得を目指す方針だ。10日が期限の同行へのTOB(株式公開買い付け)では、迅速に経営権を取得するため買い付け上限を認可が不要な50%未満にとどめたが、友好的買収に転じたことで時間をかけて経営への関与を深められると判断した。年内にも子会社が銀行持ち株会社の認可を申請し、新生銀の経営改善と公的資金完済をめざすと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78318320Z01C21A2EE9000/

2021年5月14日(金) 日本経済新聞 13面 ソフトバンクオーナー孫氏の単独インタビュー

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は13日、日本経済新聞の単独取材に応じ、手元資金など資金力をファンドに集中すると表明した。224社と昨年から倍増した投資先は「400社、500社と増やしていく」と話し、投資するスタートアップ企業を倍々で増やす考えを示した。一方で英金融会社などへの投資失敗は「反省している」と述べ「一歩間違えば奈落の底」と危機感を示したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71859940T10C21A5TB1000/

2021年5月12日(水) 日本経済新聞 1面 純利益4.9兆円、国内最大

 

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71778860S1A510C2MM8000/

2020年3月24日(火) 日経新聞 きょうのことば ◯◯◯買い 企業が発行済みの株式を自己資金で買い戻すこと

企業が発行済みの株式を自己資金で買い戻すこと。配当と並ぶ企業の株主還元策の一つとされる。株式市場に出回る株式数が減るため、利益が◯◯◯買い実施前と同水準であれば、1株利益や自己資本利益率(ROE)が改善。少ない資本で効率良く稼いでいると投資家から評価されやすくなる。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO57140870U0A320C2EA2000/

2020年2月8日(土) 日経新聞 3面 ◯◯◯◯◯ 米エリオット、ソフトバンクグループに要求

米国の有力アクティビスト(物言う株主)、エリオット・マネジメントがソフトバンクグループ(SBG)に対して最大200億ドル(約2兆2千億円)の◯◯◯◯◯や社外取締役の増員などを要求していたことが7日わかった。エリオットはSBGの株式市場での評価が保有株の価値に比べて大幅に割安になっていると判断。多額の株主還元を含めた企業統治(コーポレートガバナンス)の見直しを求めると日経新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55394750X00C20A2EA2000/