2024年1月18日(木曜日) 3ページ 訪日消費の話題

訪日客の消費が新型コロナウイルス禍前を超えた。17日公表の2023年訪日客の旅行消費額は計5兆2923億円で過去最高だった。同年の訪日客数は2506万人でコロナ禍前の2019年の8割に回復した。消費の目的別では宿泊費が最も多く、買い物よりも体験を重視する傾向が強まっている。企業は戦略転換を急いでいる。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77749500Y4A110C2EA2000/

2023年9月24日(日曜日) 2ページ AI失業の話題

米国企業が人工知能(AI)の活用を理由にした従業員の解雇に動いている。大手通信会社などはAIで代替できる事務部門の雇用を削減。IBMはリスキリング(学び直し)の機会を提供し、配置転換を加速する。AIが理由の人員削減は全米で今年8月までに約4000人にのぼり、「AI時代」到来に向けた人材の流動化が始まったと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74693900T20C23A9EA1000/

2023年4月27日(木) 5ページ 旅行支援、終了の話題

新型コロナウイルス禍からの景気浮揚策の国内旅行割引に終わりが近づいている。東京都など39都府県が6月30日宿泊分で終了する。割引は観光を中心に恩恵をもたらし経済効果は3兆円を超える。観光業の持続的な成長には人手不足と低い生産性、都市部偏重という問題が立ちはだかると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70532560W3A420C2EP0000/

2023年4月13日(木) 1ページ 日本の人口の話題

総務省は12日、2022年10月1日時点の人口推計を発表した。外国人を含む総人口は21年10月と比べて55万6000人少ない1億2494万7000人だった。12年連続のマイナスで、労働力不足を補う生産性の向上が急務となると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70145710T10C23A4MM8000/

2022年10月12日(水) 3ページ 国内旅行 回復に期待

政府の観光促進策「全国旅行支援」が11日、46道府県で始まった。東京都は20日開始する。日本経済新聞の集計によると、少なくとも12都県が独自の補助や特典を設けるなど誘客競争も熱を帯びる。一方で人手不足に悩む観光地も目立ち、新型コロナウイルス禍以前のにぎわいを取り戻せるか懸念が残ると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65057050S2A011C2EA1000/

2022年9月26日(月) 日本経済新聞 3ページ 人手不足、コロナ後最大

新型コロナウイルス下で経済活動が戻りつつあるなか、外食や宿泊サービスなどの非製造業を中心に企業の人手不足感が高まっている。人手不足に陥っている企業の割合は正社員で5割、非正社員で3割に迫りコロナ禍後最大となった。飲食店などでアルバイト時給が上昇し働き手にとっては家計の助けになるが、中小企業の経営には重荷となる。人手不足が続き経済活動に支障が出れば、景気回復の重しとなりかねないと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64611570W2A920C2NN1000/

2021年2月6日(土) 日本経済新聞 7面 米就業者4.9万人増 1月、市場予測を◯回る

】米労働省が5日発表した1月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が、前月比で4万9千人増に◯◯◯った。新型コロナウイルスによる経済活動の再制限で、雇用回復はもたついたままだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68900290W1A200C2EA5000/

10月28日(月) 日経新聞 新興企業、ベンチャー面 「◯◯◯◯従業員」が、飲食店に増えていく

人手不足の深刻な飲食店のためにスタートアップ企業が相次いで◯◯◯◯を開発している。調理や下げ膳、食器の片付けなど、できる作業が広がっている。人間の目の代わりとなる画像認識の技術が進歩し、◯◯◯◯に任せられる仕事が増えてきたためだ。新興企業が、遅れていた飲食業の生産性向上に貢献しようとしていると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51390320V21C19A0FFR000/

7月6日(土) 日経新聞 朝刊13面 モスフード、切り札は、「◯◯◯◯◯」 収益改善へ人件費圧縮

モスフードサービスは消費者が自ら機械でメニューを選び、精算する”◯◯◯◯◯”の導入を決めた。ピーク時の混雑緩和とともに、店舗の人員減などで人件費を抑える。上昇が続く固定費の削減に乗り出す背景には、競争相手が変わったことで収益構造を見直さなければいけない事情もあると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47036420V00C19A7DTA000/

11月30日(金) 「〇〇コンビニ」 入店や決済、顔認証で

すこし前に海外発で話題になった小売店が日本にも登場します…!