2021年2月15日(月) 新聞休刊日 14日付日本経済新聞 1面 出光興産が、他業種で始めて本格参入する商品とは

出光興産は年内にも超小型〇〇〇〇〇(〇〇)の事業に参入する。1台100万~150万円程度の〇〇を製造会社と組んで生産し、全国の給油所でカーシェアや実車販売に乗り出す。脱炭素を掲げる政府が2020年末に車の電動化を促す方針を打ち出して以降、自動車メーカー以外による本格的な〇〇進出は初めて。移動を巡る消費者の選択肢が広がりそうだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69093300U1A210C2MM8000/

2021年1月31日(日) 日本経済新聞 1面 パナソニック ◯◯電池撤退、スマートシティー注力

パナソニックは◯◯電池の生産から撤退する。2021年度中に主力のマレーシア工場や島根県の工場での生産を終了する。旧三洋電機時代の00年代には世界で上位シェアにあった同事業だが、中国メーカーとの価格競争で採算が悪化していた。今後はスマートシティー向けの電力管理システムなど独自の技術を生かした再生可能エネルギー事業を拡大すると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68694230R30C21A1MM8000/

2021年1月29日(金) 日本経済新聞 3面 ◯◯量産 競争激しく テスラ、年100万台視野

電気自動車(◯◯)の市場争奪戦が本格化してきた。専業の米テスラは27日、2022年までの年間販売台数が20年比倍の100万台超になるとの見通しを示した。首位の座にあるシェアをさらに高める狙いだが、足元では米ゼネラル・モーターズ(GM)など既存車大手も急ピッチで量産準備を進める。基幹部品となる電池素材の取り合いも激しさを増しそうだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68631930Z20C21A1EA2000/

2021年1月22日(金) 日本経済新聞 15面 住友鉱山、◯◯材生産2倍 EV需要拡大にらむ

住友金属鉱山は車載用リチウムイオン電池の部材である「正極材」の生産能力を2027年度までに2倍にする。正極材の主原料のニッケルを鉱石から取り出す製錬所の新設もインドネシアで検討。脱炭素で電気自動車(EV)などの電動車市場は拡大するが、中国勢も正極材で攻勢をかける。鉱山権益を持ち、川上から川下まで需要に応じられる強みで対抗すると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68396290R20C21A1TJ2000/

 

2021年1月12日(火) 日本経済新聞 9面 アメリカ見本市「◯◯◯」開幕 コロナ下のDX焦点

世界最大のデジタル技術見本市「◯◯◯」が11日(米国時間)開幕した。例年は米ラスベガスの巨大展示場に4千社以上が集結するが、今年はコロナ禍の影響でオンラインのみという異例の開催になる。主催者も出展企業も、デジタルトランスフォーメーション(DX)によるニューノーマル(新常態)への対応が問われるイベントとなると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68056300R10C21A1TJC000/

2020年12月9日(水) 日本経済新聞 1面 2030年までに、全て電動車にする目標を打ち出した都道府県は?

◯◯◯は2030年までに都内で販売される新車すべてをハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの電動車に切り替える方針を示した。ガソリンエンジンだけで動く新車の販売を国よりも約5年前倒しで止め、二酸化炭素(CO2)を削減する。(略)「脱ガソリン車」目標は、自動車メーカーの開発戦略にも影響を及ぼすと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67138650Z01C20A2MM8000/

9月24日(火) 日経新聞 きょうのことば ◯◯◯ 天然ガスをマイナス162度に冷却して液体にしたもの 日本企業にノウハウ

天然ガスをマイナス162度に冷却して液体にしたもの。液化すると体積が気体の600分の1になる特性を持つため輸送・貯蔵に適しており、専用の船で一度に大量に運べる。燃焼したときに発生する二酸化炭素(CO2)が化石燃料の中でも特に少ないのも特徴だ。脱炭素の機運が世界的に高まる中で石炭からシフトする動きも出ている。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50116570T20C19A9NN1000/