2021年2月11日(木) 日本経済新聞 3面 トヨタ、生産5年ぶり最高 ◯◯◯不足 影響軽く

トヨタ自動車の復調が鮮明になってきた。2020年10~12月期は売上高、純利益ともに新型コロナウイルス流行前の水準を上回った。昨春にコロナ対応で落ち込んだ生産を調達網管理の強みを生かして急速に回復。米中の需要をいち早く取り込んだ。足元の◯◯◯不足の影響も軽微にとどまる。焦点はコロナ危機対応から、競争の激化する環境車戦略に移りつつあると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69035650Q1A210C2EA2000/

2021年2月10日(水) 日本経済新聞 きょうのことば 軽自動車 日本独自、国内保有の◯割

国内で乗用車は登録車と軽自動車に大別される。軽は自動車の普及を目的に、日本独自の規格として1949年に設けられた。60年代にはモータリゼーションのけん引役として、80年代以降は「2台目」として浸透。現在、国内で保有されている車の約◯割を軽が占める。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68991920Q1A210C2EA2000/

2020年12月9日(水) 日本経済新聞 1面 2030年までに、全て電動車にする目標を打ち出した都道府県は?

◯◯◯は2030年までに都内で販売される新車すべてをハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの電動車に切り替える方針を示した。ガソリンエンジンだけで動く新車の販売を国よりも約5年前倒しで止め、二酸化炭素(CO2)を削減する。(略)「脱ガソリン車」目標は、自動車メーカーの開発戦略にも影響を及ぼすと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67138650Z01C20A2MM8000/

2020年12月4日(金) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯車 動力源に電気を使う自動車の総称。 EV・燃料電池車など4種

動力源に電気を使う自動車の総称。電気自動車(EV)のほかにハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)の計4種類がある。ガソリン車に比べて二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66986940U0A201C2EA2000/

2020年2月15日(土) 日経新聞 きょうのことば ◯◯◯ 17種類あり、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などのモーターや磁石には欠かせない素材のこと。レアアースともいう

レアアース(◯◯◯)は17種類あり、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)、家電などのモーターや磁石には欠かせない素材だ。埋蔵量だけでみると、中国は37%だが、市場規模が小さいこともあり、中国以外での開発は遅れている。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55674300U0A210C2EA2000/

7月13日(土) 日経新聞 朝刊1面 中国、◯◯◯◯◯◯車優遇 環境車規制を転換

中国政府は◯◯◯◯◯◯車(◯◯)を優遇する検討を始めた。ガソリン車と同等としてきた◯◯を「低燃費車」とみなし、普及支援に転じる。中国は今月、世界で最も厳しい基準とされる新たな排ガス規制を導入するなど大気汚染の解消と自動車業界の構造改革を急ぐ。電気自動車(EV)の普及に限界があるなか、◯◯を含め環境対策を強化すると日経が報じています

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47328200T10C19A7MM8000/