2021年11月19日(金) 日本経済新聞 5面 ガソリン補助金

政府は19日にまとめる経済対策でガソリン価格の上昇幅を抑える補助金を盛り込む。価格高騰に困る世帯への支援は必要だが、脱炭素を促す政策と矛盾する面は否めず、国内総生産(GDP)への影響からみた必要性も乏しいとの指摘がある。個人への恩恵も少なく、誰のための対策かが見えにくい。中長期的に化石燃料への依存を下げるための対策が欠かせないと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77702830Y1A111C2EP0000/

2021年9月18日(土) 日本経済新聞 4面 4候補 語る言葉は

自民党総裁選に立候補した4人の候補者が演説で用いたことばを分析すると、政治姿勢や重視する政策が浮かびあがる。4人がそろって訴え、内容を競い合うのが保守政治のあり方だ。新型コロナウイルス対策や経済対策、社会福祉、安全保障など各候補が重点を置く分野は異なると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75886220X10C21A9EA3000/

2021年7月3日(土) 日本経済新聞 5面 年金運用、黒字最大37兆円

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2日、2020年度の運用実績を発表した。37兆7986億円の黒字で、黒字幅は最大だった。年度の運用成績が黒字になるのは2年ぶり。新型コロナウイルスを受けた主要国の経済対策で大規模な財政支出や金融緩和が続き国内外の株価が大幅に上昇した。収益率も25.15%で過去最高だったと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73545780S1A700C2EA4000/

2021年6月24日(木) 日本経済新聞 1面 コロナ予算、30兆円停滞

新型コロナウイルス禍を受けて2020年春から積み増してきた国の予算73兆円のうち、約30兆円を使い残していることが判明した。家計や企業への支払いを確認できたのは約35兆円と名目国内総生産(GDP)の7%程度にとどまった。GDPの13%を支出した米国と比べ財政出動の効果が限られる展開となっている。危機脱却へ財政ニーズが強い時にもかかわらず予算枠の4割を使い残す異例の事態は、日本のコロナ対応の機能不全ぶりを映し出していると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73198220U1A620C2MM8000/

2021年6月10日(木) 日本経済新聞 1面 9月衆院解散 強まる

菅義偉首相が9月に衆院解散に踏み切るとの見方が政府・与党内で強まってきた。新型コロナウイルス対策の切り札と位置づけるワクチン接種を優先し、感染が落ち着いたころの衆院選を想定する。夏にも大型の経済対策の編成を指示し、コロナ禍で打撃を受けた経済や雇用の回復を訴えると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72751010Q1A610C2MM8000/

2020年11月3日(火) 日本経済新聞 2面 迫真 GoTo狂騒曲 特需に笑顔、混乱に◯◯

10月下旬。星野リゾート(長野県軽井沢町)が運営する「星のや軽井沢」は多くの宿泊客でにぎわっていた。客室は連日満室。「こちらで検温をお願いします」。「3密」回避へ、客室でのチェックイン対応など従業員が慌ただしく動き回る。

星のや軽井沢は客室の平均単価が9万円を超える高級ホテル。だが政府の観光支援策「Go Toトラベル事業」の効果はすぐに表れた。「既に入れた予約は割引対象か」。支援開始が決まった7月上旬以降、問い合わせが相次いだ。

「東京発着の旅行が加わった10月にさらに予約が増えた」。総支配人の金子尚矢は驚く。来年1月までの予約は前年の2~3割増で推移する。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65777500S0A101C2EA1000/

2020年5月6日(水) 日経新聞 きょうのことば 大恐慌とは、1929年10月24日に起きた「◯◯の木曜日」と呼ばれる米株式市場の大暴落をきっかけに世界に波及した経済危機

1929年10月24日に起きた「◯◯の木曜日」と呼ばれる米株式市場の大暴落をきっかけに世界に波及した経済危機。30年代前半にかけて世界で貿易が停滞し、デフレが続いた。世界の鉱工業生産は約3割縮小し、失業者も急激に増えた。特に危機の中心だった米国では労働者の4人に1人が失業し、国民総生産(GNP)を29年の水準に戻すのに10年以上かかった。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58790750V00C20A5NN1000/

2020年5月1日(金) 日経新聞 1面 中堅に資本支援◯兆円

政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて経営難に陥った中堅・中小企業に資本注入する仕組みをつくる。5月中にも官民ファンドへ最大◯兆円の資金枠を設け、融資では救えない企業を助ける。1件あたり◯億円規模の出資も認め、地域の雇用と経済を支える中核企業の破綻を防ぐと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58649320Q0A430C2MM8000/

2020年4月21日(火) 日経新聞 きょうのことば ◯◯予算 4月から翌年3月までの1年間を規定する本予算に途中で変更を加えた予算

4月から翌年3月までの1年間を規定する本予算に途中で変更(◯◯)を加えた予算。経済対策や災害対応を理由にしたケースが多い。財政法29条では予算作成後に生じた事由に基づいて(1)特に緊要になった経費の支出(2)債務の負担(3)予算の追加以外の変更――を認めている。歳出の増額分の規模に着目するのが一般的だ。(日経新聞より引用)

2020年3月22日(日) 日経新聞 きょうのことば ◯円の定額給付金 2009年、麻生政権が実施した経済政策

政府が国民の個人消費を喚起するために、モノやサービスの購入に対して助成する政策。リーマン・ショック後の2009年には、麻生政権が原則として1人◯円の定額給付金を2兆円規模で実施した。ただ現金給付のため、消費に使われずに貯蓄にまわったとの指摘も多かった。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO57076990R20C20A3EA2000/