2022年2月4日(金) 日本経済新聞 11面 米テック株 高PER剥落

米株式市場では決算発表を機にテクノロジー株の選別が進み始めた。予想PER(株価収益率)の高かった銘柄は、好業績でも決算後に株価が下落するケースが目立つ。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化にカジを切るなか、遠い将来の利益を株価に織り込みにくくなっているためだ。投資家は成長持続の確度を見極めようとしていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79839720T00C22A2ENG000/

2021年10月26日(火) 日本経済新聞 19面 原料高の耐性銘柄 探せ

原材料高による企業業績の悪化懸念が日本株の重荷になっている。今週から本格化する決算発表では当初、新型コロナウイルス禍からの経済再開に伴い業績が拡大すると期待されていたが、足元ではむしろ下方修正が広がるとの見方も出ている。相場の不安定さが増す中、投資家はコスト上昇局面にも耐えられる銘柄に資金を退避させていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76969740V21C21A0EN8000/

2020年11月5日(木) 日本経済新聞 1面 4月から9月 携帯3社の営業利益合計◯円

携帯電話3社の稼ぐ力が高まっている。2020年4~9月期の本業のもうけを示す営業利益は、合計で約◯円となった。同期間の上場企業の利益額上位3社を独占する見通し。寡占市場での高収益に対し、値下げ圧力が高まる可能性もあると日本経済新聞は報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65838000U0A101C2MM8000/

11月5日(火) 日経新聞 5面 業績◯◯、だからこそ株高

企業の4~9月期決算発表が佳境を迎えている。株式市場関係者に、とりわけ強い印象を残したのは日本電産に違いない。業績が◯◯◯◯のに株高になったからだと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51706470R01C19A1TCR000/