2021年3月7日(日) 日本経済新聞 1面 株や住宅価格 警戒水準 迫るバブルの足音

新型コロナウイルスの感染拡大から1年。経済危機を防ぐため、各国政府や中央銀行は未曽有の財政出動や金融緩和を続ける。実体経済の回復は遅れ、行き場を失ったマネーが様々な実物資産に流れ込んでいる。平時ではあり得ない、いびつな姿は過去のバブルを想起させると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69747790X00C21A3MM8000/

2021年1月12日(火) 日本経済新聞 9面 アメリカ見本市「◯◯◯」開幕 コロナ下のDX焦点

世界最大のデジタル技術見本市「◯◯◯」が11日(米国時間)開幕した。例年は米ラスベガスの巨大展示場に4千社以上が集結するが、今年はコロナ禍の影響でオンラインのみという異例の開催になる。主催者も出展企業も、デジタルトランスフォーメーション(DX)によるニューノーマル(新常態)への対応が問われるイベントとなると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68056300R10C21A1TJC000/

2020年7月10日(金) 日本経済新聞 1面 新常態、◯◯◯◯変貌 面積縮小、拠点分散、3密対策

新型コロナウイルス感染拡大を契機に◯◯◯◯のあり方が変わってきた。在宅勤務の普及が進み、企業がコスト削減も見込んで都心の◯◯◯◯面積を減らす一方、郊外や地方に分散する動きも出てきた。感染防止対策で社員同士の距離を◯◯◯◯で確保する工夫も見られる。コロナは働き方だけでなく、働く場所のニューノーマル(新常態)も企業に迫ると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61360890Z00C20A7MM8000/

2020年6月15日(月) 新聞休刊日 14日付日経新聞7面 「◯◯◯決済」世界で主流 感染防止、クレカも非接触

経済活動が再開されるなか、支払いをするときの接触を減らす動きが世界で広がっている。スマートフォンやICチップを使えば感染防止につながると、各国政府も普及に乗り出す。セキュリティーや購買データ提供への消費者の抵抗感は薄れてきた。脱現金でデジタル化が進めば、生産性が高まる可能性もあると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO60339360T10C20A6EA5000/

2020年6月2日(火) 日経新聞 3面 ◯◯◯面接、手探りで 選考解禁

2021年春に卒業する大学生・大学院生を対象にした採用選考が1日解禁された。新型コロナウイルスの感染拡大の影響などを受け、企業の7割が◯◯◯面接を実施しているとの調査結果もある。ネットという限られた環境下でどう対話を進めるか、企業も学生もコロナ時代の採用に手探りで臨む。通信環境の整備など課題も多いが、地方や海外の学生の採用には◯◯◯面接は効果的との見方もあると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59830690R00C20A6EA2000/

2020年5月31日(日) 日経新聞 1面 ◯◯◯コロナ コロナ危機の長期化を前提に経済の耐性を高めていくこと

新型コロナウイルスへの感染再拡大を防ぎながら経済をどう正常化させていくか。世界はそのバランスを探るステージに入った。外出規制の緩和などによる景況感の回復が鮮明な米英などでは感染再拡大への懸念もくすぶる。新規感染の抑制という点で優等生の日本は景況感の回復が鈍い。コロナ危機の長期化を前提に経済の耐性を高めていく「◯◯◯・コロナ」の戦略が問われていると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59797300Q0A530C2MM8000/

2020年5月27日(水) 日経新聞 1面 日立、週◯日出社 在宅前提に脱・時間管理

日立製作所は26日、新型コロナウイルスの終息後も在宅勤務を続け、週◯~◯日の出社でも効率的に働けるよう人事制度を見直すと発表した。国内で働く社員の約7割にあたる約2万3千人が対象だ。働きぶりが見えにくい在宅でも生産性が落ちないよう職務を明確にする「ジョブ型」雇用を本格的に導入し、勤務時間ではなく成果で評価する制度に移行。コロナ後の「ニューノーマル(新常態)」を見据えて多様な働き方を認める動きが広がりそうだと日経新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59584650W0A520C2MM8000/

2020年5月25日(月) 日経新聞 5面 外食 ◯・店舗に活路 宅配専用の厨房、冷蔵品通販に的

新型コロナウイルス禍で苦境の外食が宅配や通販の強化を急ぐ。デニーズは宅配専用の厨房を開設したほか、居酒屋「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーは冷蔵食品を開発した。店内営業が中心の外食産業はコロナによる減収が大きく、店舗以外の下支え役が欠かせない。コロナ後の「ニューノーマル(新常態)」でも飲食店の宅配シフトが加速しそうだと日経新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59508800U0A520C2TJC000/

2020年5月23日(土) 日経新聞 1面 「◯◯◯」探る企業 工場は効率より接触減

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言の解除が日本で進む。欧米ではすでに一部で経済再開が始まっている。世界は出口に向けて動きつつあるが、感染対策は続き、社会がすぐにコロナ以前の姿に戻るかは見通しにくい。オフィスや工場、小売りサービスの現場など、企業も「ニューノーマル(◯◯◯)」に対応する知恵が求められている。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59474590S0A520C2MM8000/

2020年5月15日(金) 日経新聞 きょうのことば 政府は4月16日に緊急事態宣言の対象を全国に広げ、そのうち東京、神奈川、埼玉、千葉など◯の都道府県を特定警戒に指定した

政府が新型コロナウイルスへの基本的対処方針で定めた都道府県の枠組み。対処方針では「特に重点的に感染拡大の防止に向けた取り組みを進める必要がある」と規定した。政府は4月16日に緊急事態宣言の対象を全国に広げ、そのうち北海道、茨城、東京、神奈川、埼玉、千葉、石川、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の◯都道府県を特定警戒に指定した。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59099440U0A510C2EA2000/