2024年1月28日(日曜日) 6ページ Appleの新商品

米アップルは初のゴーグル型ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Vision Pro(ビジョンプロ)」を2月2日(日本時間3日)に米国で発売する。同社にとっては2007年発売のスマートフォン「iPhone」以来の大型の新製品となる。ただ、価格は3499ドル(約50万円)からと高額で、本格普及への道のりは険しそうだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78022460X20C24A1EA4000/

2024年1月5日(金曜日) 1ページ 半導体好転の話題

半導体の世界需要が2024年4~6月期に好転する。生成AI(人工知能)向けデータセンターや電気自動車(EV)向け半導体などが需要をけん引し、半導体大手は増産に動く。3~4年で周期的に好不況を繰り返す半導体市況の「シリコンサイクル」の好転で、世界景気全体の底上げにもつながると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77440160V00C24A1MM8000/

2023年12月22日(金曜日) 19ページ デジタル市場の話題

電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、IT(情報技術)サービスや半導体などデジタル関連産業の世界の市場規模が、2024年に23年推計比9%増の3兆6868億ドル(約528兆円)になる見通しだと発表した。増加は2年ぶりで、過去最高を更新する。生成AI(人工知能)など先端技術の普及が追い風となると日本経済新聞がほうじています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77172540S3A221C2TB2000/

2023年12月6日(水曜日) 3ページ ヒット商品番付の話題

日本経済新聞社は2023年の日経MJヒット商品番付をまとめた。東の横綱は「生成AI(人工知能)」、西の横綱は「大谷翔平&WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)」。23年は行動制限が緩和され、スポーツなどのイベントが盛り上がりをみせた。また物価高で、コスパのいいサービスや商品への支持が広がったと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76710310V01C23A2EA2000/

2023年12月2日(土曜日) 17ページ 生成AIの話題

米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のアダム・セリプスキー最高経営責任者(CEO)は30日、日本経済新聞の取材で「生成AI(人工知能)を1社が支配するのは無理だ」と述べた。米オープンAIが実用化で先行したが、多様な技術基盤をそろえて顧客が選択できるようにすることが重要と指摘。提携企業を増やし、選択肢を広げる考えだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76618560R01C23A2TB2000/

2023年11月3日(金曜日) 1ページ 商品企画に生成AIの話題

セブン―イレブン・ジャパンは2024年春から商品企画に生成AI(人工知能)を導入し、企画にかかる期間を最大で10分の1に短縮する。全店舗の販売データやSNS(交流サイト)の消費者の声の分析を基に商品の文章や画像をAIに作成させて、流行やニーズに合った商品を素早く売り出すと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75854640T01C23A1MM8000/

2023年7月27日(木曜日) 1ページ 生成AIの話題

米マイクロソフトは対話型の生成AI(人工知能)「Chat(チャット)GPT」の基盤技術をデジタル庁に提供する。機密情報を扱えるように専用設備を国内に置く。政府は国会答弁の下書きや議事録作成といった用途で活用し、行政のデジタル化や霞が関の働き方改革につなげると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73088240X20C23A7MM8000/

2023年6月20日(火曜日) 15ページ ある会社の一問一答

――国内のどこでも自由に居住して勤務できる制度を導入して7月1日で1年になる。どう評価しているか。

「テレワークと出社を組み合わせるハイブリッドの働き方が定着してきた。通勤時間を有効活用できることに対する社員の満足度は高い。一方、新しい価値の創造には対面のコミュニケーションが不可欠だ。社員アンケートではテレワーク6割と出社4割の比率がちょうどよいという結果が出た。チームで出社日を統一するなどの工夫をしながら、テレワークに出社を組み合わせた働き方を確立していく」(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72030410Z10C23A6TB0000/

2023年6月10日(土曜日) 1ページ 和製AIの話題

NTTは2023年度中にも独自開発した生成AI(人工知能)を企業向けに展開する。金融や医療など分野に応じた専門知識を学習させ、各業界の顧客ニーズにきめ細かく対応する。汎用的な生成AIを展開する米テック企業とは一線を画し、使い勝手と運用コスト低減で差異化する。「和製AI」が巨大テックに対抗するモデルケースになる可能性があると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71788000Q3A610C2MM8000/

2023年5月28日(日) 3ページ IBMの人工知能の話題

5年後には単純な事務作業の30%が不要になる――。米IBMのアービンド・クリシュナ最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に応じ、文章や画像を生成する高度な人工知能(AI)の登場などで働き方が大きく変わるとの見通しを語った。効率的な働き方のためには「テクノロジーは選択肢ではなく、必要不可欠になる」と強調したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71398320Y3A520C2EA2000/