2020年11月21日(土) 日本経済新聞 きょうのことば 中国政府は環境への負担が少ない新エネルギー車(◯◯◯)の普及を推し進めている

中国政府は環境への負担が少ない新エネルギー車(◯◯◯)の普及を推し進めている。電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)を◯◯◯としてガソリン車などと区別。メーカーに販売補助金を出すなどし、政府主導で現地販売や製造を強化している。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66521270R21C20A1EA2000/

2020年11月18日(水) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯◯◯ 発電所などから排出されるガスから二酸化炭素(CO2)を分離して回収・貯留する技術

火力発電所などから排出されるガスから二酸化炭素(CO2)を分離して回収・貯留する技術は「CCS(carbon dioxide capture and storage)」と呼ばれる。CO2を大気中に出さず温暖化対策に役立てられる。回収・貯留だけでなく、CO2を有効利用(utilization)することも加えた技術が◯◯◯◯だ。世界で約60件のプロジェクトが進行中で、約20件が稼働している。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66357200Y0A111C2EA2000/

2020年10月14日(水) 日本経済新聞 きょうのことば 国内の電力供給は2018年度時点で、発電量全体の◯割程度を火力、6%を原子力でまかなっている

国内の電力供給は2018年度時点で、発電量全体の◯割程度を火力、6%を原子力でまかなっている。主力電源とするには発電の安定性と、国民に過度な負担を強いない経済性が欠かせない。石炭火力などはこうした条件を満たすが、二酸化炭素(CO2)の排出が多く、環境負荷が高いことが国際的に問題視されている。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64968050U0A011C2EA2000/

3月17日(日) 日経朝刊3面 〇〇〇〇エネルギー 普及遅れる日本

太陽光や風力、水力、地熱などの自然の力を利用して発電するエネルギーを指す言葉。「自然エネルギー」とも呼ばれるものです。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42575460W9A310C1EA2000/