2021年10月17日(日) 日本経済新聞 1面 経済安保へ技術育成基金

政府は経済安全保障の観点から育成が必要な先端技術開発のための基金を創設する。人工知能(AI)や量子分野などを対象に1000億円規模を念頭に置く。年内にまとめる経済対策に盛り込み、2022年から運用をめざすと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76718700X11C21A0MM8000/

2021年7月25日(日) 日本経済新聞 1面 全ゲノム解析 病気予測

筑波大学は人のゲノムを全て解析し、一部のがんなど遺伝性疾患の発症リスクを検査するサービスを始める。従来の遺伝子検査では難しかった約60種類の病気の発症可能性を高い精度で割り出す。全ゲノム健診は欧米で実用化されているが、国内では個人情報の扱いなど課題が残る。普及には産学官の連携によるルール整備が欠かせないと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74160030V20C21A7MM8000/

8月26日(月) 日経新聞 5面 ◯◯◯3Dプリンター

細胞を使って人工的に組織を作り出す「◯◯◯3Dプリンター」が実用化の段階に入っている。新薬の安全性評価に使われ、リコーは細胞を載せたチップ製品を2020年春までに発売する。JSRがカナダ企業と協業したのも、毒性を調べられる肝臓組織を開発するためだ。人工臓器の製造を目指す企業もあらわれ、世界で競争が始まっていると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO48980620V20C19A8TJC000/

7月3日(水) 日経新聞 朝刊15面 ステムリム上場へ ◯◯◯◯関連、マザーズに 月内にも承認

大阪大学発のバイオベンチャー、ステムリム(大阪府茨木市)が近く東証マザーズに上場する見通しとなったと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO46859950S9A700C1DTA000/

1月1日(火) 日経朝刊1面 つながる〇〇億の脳

テクノロジーの進歩が速度を増し、人類は肉体や能力の限界を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に近づいています。

12月31日(月) 日経朝刊1面 先端技術研究 中国が先行 30テーマ〇割で首位

日経は蘭エルゼビアと共同で、世界の研究者が最も注目する先端技術の研究テーマ別ランキングをまとめました。

11月25日(日) 25年大阪万博 「〇の未来」発信

ある課題解決がテーマとなり、これを中期計画に掲げる企業が浮上してきました。