2024年6月9日(日曜日) 1ページ AI人材の話題

日立製作所は2027年をめどに生成AI(人工知能)を使って新たなサービスを開発できる人材を5万人規模で育てる。全従業員の約2割にあたる。IT(情報技術)や鉄道など国内外の主要部門の社員を対象にする。AIが普及期に入り、社内業務の効率化だけでなく、事業の拡大にも活用が進む。AI人材の育成で競争力を高めると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO81273620Z00C24A6MM8000/

2024年6月8日(土曜日) 2ページ アメリカ雇用統計の話題

米労働省が7日発表した5月の雇用統計によると、非農業部門の就業者数は前月から27万2000人増えた。18万~19万人の事前予想を上回った。平均時給も予想を上回る伸びとなった。米国の人手不足は緩和方向にあるが、需要はなお底堅さをみせていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO81262890Y4A600C2EA1000/

2024年6月7日(金曜日) 3ページ エヌビディアの話題

米半導体大手エヌビディアの時価総額が5日のニューヨーク市場で3兆ドルを突破し、米アップルを抜いて米マイクロソフトに次ぐ世界2位に躍り出た。世界の株式時価総額が最大になった2021年11月と比較したところ、電気自動車(EV)やフィンテックなど新型コロナウイルス禍で勢いのあったテック株からAI関連への資金シフトが鮮明になっていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO81229000X00C24A6EA2000/

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO81229090X00C24A6EA2000/

2024年5月27日(月曜日) 11ページ 半導体需要の今後

消費者向け製品から工業製品まで幅広く使われる半導体や電子部品の需給は世界景気を占う「体温計」だ。日本経済新聞では台湾積体電路製造(TSMC)の売上高や装置、素材の出荷量など9指標に注目。2024年1~3月の実績、企業トップの発言などから4~6月の需要動向を探った。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80947720W4A520C2TB2000/

2024年5月24日(金曜日) 3ページ エヌビディア決算の話題

米半導体大手エヌビディアの急成長が続いている。2024年2~4月期の売上高は1年前に比べて3.6倍に拡大した。シェアが8割に達する人工知能(AI)向け半導体は奪い合いの状況が続き、高性能な製品の投入で価格も上昇している。AI開発用のソフトウエアを含め経済圏を築いていることで高収益につながっていると日本経済新聞が報じちえます。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80899940U4A520C2EA2000/

2023年12月17日(日曜日) 2ページ 英アーム社の話題

半導体設計に特化する英アームは、スマートフォンの「頭脳」を牛耳ることで知られる。ソフトバンクグループ(SBG)傘下で業績を伸ばし、世界の半導体大手を支えるテクノロジーの黒子といえる存在になった。人工知能(AI)が身近になった今、どんな技術革新が起きているのか。レネ・ハース最高経営責任者(CEO)に聞いた。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77028340W3A211C2EA1000/

2023年9月2日(土曜日) 5ページ ラピダスの話題

最先端半導体の受託製造を目指すラピダスが1日、北海道千歳市で工場起工式を開いた。2027年に回路線幅2ナノ(ナノは10億分の1)メートルを使った最先端半導体の量産開始を目指す。量産実現には製造技術開発、国内外での顧客獲得、総額5兆円の巨額資金確保という3つの壁を乗り越える必要があると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74115530R00C23A9EA4000/

2023年8月24日(木曜日) 4ページ デジタル庁の話題

デジタル庁が7月、非公式に組織体制を修正した。縦割り打破を目指して部局や課を設けていなかった機構に通称「総務課」「会計課」「人事課」を設けた。発足からの2年弱、首相官邸や他省庁、自治体との調整にトラブルが相次いでいたからだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73836100T20C23A8PD0000/

2023年8月9日(水曜日) 1ページ 英アーム社の話題

ソフトバンクグループ(SBG)傘下の英半導体設計大手アームは9月に米ナスダック市場に上場する方針を固めた。上場と同時に米アップルや韓国サムスン電子など複数の事業会社がアームに出資する。上場時の時価総額は600億ドル(約8兆6000億円)超になる見込みで、2023年で世界最大の新規株式公開(IPO)案件になりそうだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73468780Z00C23A8MM8000/

2023年1月13日(金) 12ページ TSMCの話題

半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)は12日、2023年1~3月期の売上高(米ドルベース)が前年同期と比べ最大5%減るとの見通しを発表した。減収となれば、四半期ベースでは19年4~6月期以来、約4年ぶりとなる。大幅な増収で急成長が続いた昨年までの状況から一変する。主力顧客の米IT(情報技術)企業が勢いを失っており、景気減速の影響をもろに受ける形だと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67534340S3A110C2FFJ000/