2021年9月23日(木) 日本経済新聞 2面 中国 金融危機回避へ一歩

中国の不動産大手、中国恒大集団は23日に控える人民元建て債の利払いを実施する。同じく23日利払いのドル建て債は30日の猶予期間があり、この日に債務不履行に陥る可能性は低くなった。中国政府は金融危機を阻止する姿勢が鮮明で、混乱回避をいったん優先する。だが恒大の年内の利払いは社債だけで700億円を超え、2022年からは多額の満期償還を控える。前途はなお多難だと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75991400T20C21A9EA1000/

11月4日(月) 日経新聞 きょうのことば ◯◯◯◯テスト 銀行の健全性を検証する手法

経済状況が悪化したり、市場で不測の事態が生じたりしても銀行が健全性を保って業務を続けられるか調べる手法。経済成長率の落ち込みや国債価格の下落、外国為替市場の急変など大きな負荷(◯◯◯◯)がかかる状況を想定し、耐久力に疑いが生じるおそれのある銀行は資本増強などの対応が求められる。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51772950T01C19A1NN1000/

7月31日(水) 日経新聞 朝刊1面 マイナス利回り債券、◯◯ 残高13兆ドル

貸し手が金利を実質的に負担するマイナス利回りの債券が増加している。残高は13兆ドル(約1400兆円)と1年間で◯◯した。債券利回りのマイナスは異例の状態。2008年の米金融危機後の世界的な緩和策の影響がある。ここにきて増加しているのは、世界景気の減速が懸念され、金融政策の正常化を探っていた米連邦準備理事会(FRB)が利下げ路線に戻ろうとしているためだと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47995850Q9A730C1MM8000/

6月16日(日) 日経新聞 朝刊3面 きょうのことば ◯◯◯◯ショック 信用収縮、世界経済揺らす

※昨日日曜日分の新聞解説となります。遅くなりましたことお詫び申し上げます。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO46165720V10C19A6EA2000/

2月24日(日) 日経朝刊2面 経済危機の〇〇、中国に ジム・ロジャーズ氏に聞く

「冒険投資家」として有名なジム・ロジャーズ氏のインタビューが掲載されています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO41680050T20C19A2EA1000/