2024年3月27日(水曜日) 1ページ 公示地価の話題

国土交通省は26日、2024年の公示地価を発表した。全用途の全国平均は前年比2.3%上がり、伸び率はバブル期以来33年ぶりの高さだった。株価や賃金に続き土地にも上昇の波が広がり、日本は脱デフレの転機を迎える。先行きの利上げを懸念し、海外マネーには変調の兆しもあると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79561290X20C24A3MM8000/

2024年3月21日(木曜日) 1ページ インテル社の補助金

米政府は20日、半導体製造を巡り米インテルに最大85億ドル(約1.3兆円)の補助金を支給すると発表した。110億ドルの融資も実行する。西部アリゾナ州など4州で製造能力の拡充を後押しする。バイデン政権が創設した半導体補助金のなかで最大の支給額になると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79392630R20C24A3MM8000/

2024年3月2日(土曜日) 3ページ 半導体の黒子

1日の東京株式市場で日経平均株価が再び史上最高値をつけ、節目の4万円に迫った。世界で半導体関連株にマネーが集中するなか、日本株の上昇率は米国や台湾、韓国といったライバルを上回る。チップ生産を支える「黒子」の集積が改めて評価されている。米中の覇権争いで日本が優位な立ち位置にあることも大きい。その恩恵は装置や部材を手がける中堅企業にも波及してきたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78924420R00C24A3EA2000/

2024年2月13日(火曜日) 新聞休刊日につき、2月12日 1ページ 政策投資銀行の話題

日本政策投資銀行は2024年度から2年間で、国内の半導体や蓄電池などのサプライチェーン(供給網)強化に1500億円以上を集中投資する。出資したり劣後債を引き受けたりして経済安全保障の上で重要な産業にリスクマネーを供給し、日本の競争力強化を後押しすると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78410090S4A210C2MM8000/

2024年1月23日(火曜日) 3ページ 株高の話題

22日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末比583円高の3万6546円をつけた。1990年2月以来、33年11カ月ぶりの高値を更新した。年初からの日本株高をけん引するのが半導体関連などの超大型株だ。知名度や流動性の高さが海外マネーをひき付けると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77870550S4A120C2EA2000/

2024年1月20日(土曜日) 2ページ 半導体市況の話題

半導体市況の底入れ期待が日本株を押し上げている。19日の東京株式市場では日経平均株価が反発し、4日ぶりにバブル経済崩壊後の高値を付けた。半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が2024年の売上高が過去最高になるとの強気見通しを示し、国内でも関連銘柄に資金が流入したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77826030Z10C24A1EA1000/

2024年1月7日(日曜日) 1ページ 高精度半導体の話題

旭化成は2024年10月にも新型半導体チップを量産する。チップをセンサーに組み込めば、乳幼児の呼吸など微細な動きを区別できるほど精度を高められ、自動車内の置き去り事故の抑制に効果を発揮する。住宅での高齢者の見守りにも生かせる。車内に残された幼い子の異変や高齢者の容体急変など、周囲が早期に気付ける仕組みを広げると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77490070X00C24A1MM8000/

2024年1月5日(金曜日) 1ページ 半導体好転の話題

半導体の世界需要が2024年4~6月期に好転する。生成AI(人工知能)向けデータセンターや電気自動車(EV)向け半導体などが需要をけん引し、半導体大手は増産に動く。3~4年で周期的に好不況を繰り返す半導体市況の「シリコンサイクル」の好転で、世界景気全体の底上げにもつながると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77440160V00C24A1MM8000/

2024年1月2日(火曜日) 新聞休刊日につき、1月1日 31ページ 経営者20名の株価予想

(電子版の記事はありません。日経本紙あるいは紙面ビューワーでご確認ください)

2023年12月29日(金曜日) 11ページ ダブルバガーの話題

世界の株式市場で2023年、1年で株価が2倍以上になった「ダブルバガー」が100社を超え前年の3倍になった。生成AI(人工知能)や半導体の需要が伸び、関連銘柄がけん引した。内需拡大への期待からインド株も上昇が際立ったと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77369880Y3A221C2ENG000/