2020年7月7日(火) 日本経済新聞 1面 中国半導体、◯兆円調達。昨年の2.2倍

半導体の国産化をめざす中国企業が資本調達を急拡大している。2020年の調達額は5日時点で約◯兆◯千億円と、半年で19年通年の約2.2倍となった。支援の主役は政府系ファンドと19年に開設した新しい株式市場だ。中国のハイテク覇権の阻止を狙う米国に対抗し、生き残りを懸けて半導体の自給率向上を急ぐと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61214120W0A700C2MM8000/

2020年6月24日(水) 日本経済新聞 きょうのことば 経済安全保障、民間企業だけでなく◯◯などにも使える

軍事転用可能な技術の流出防止や輸出管理など経済と安全保障が密接に絡む分野を指す。人工知能(AI)や次世代通信規格「5G」、ドローン(小型無人機)、半導体や全地球測位システム(GPS)などは民間企業だけでなく◯◯などにも使える。貿易の規制などで国の存立が揺らぐようなケースもある。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO60712530T20C20A6EA2000/

2020年1月22日(水) 日経新聞 企業面 ◯◯関連需要に関心

上場企業の2019年4~12月期決算の発表が近く本格化する。運用担当者や証券会社のストラテジストら株式市場の専門家10人に注目するテーマを聞いたところ、「◯◯」関連の需要や国内外の設備投資動向などの回答が多かった。来期の業績回復シナリオを念頭に、その端緒をつかもうと目をこらしているようだと日経新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54660620R20C20A1DTA000/

 

2020年1月19日(日) 日経新聞 きょうのことば ◯◯規格 データや音声を通信ネットワークを通じてやり取りするための規格

データや音声を通信ネットワークを通じてやり取りするための規格。国連の標準化機関である国際電気通信連合(ITU)の議論を経て、性能や技術の要件が決まる。無線通信の規格はほぼ10年ごとに大きな進化を遂げてきた。1980年代のアナログ方式の第1世代(1G)から始まり、2019年からは5Gの実用化が始まった。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54577980Y0A110C2EA2000/

2020年1月9日(木) 日経新聞 国際面 韓国サムスン電子、業績底入れ 最大の牽引役は◯◯

韓国サムスン電子の業績が底入れした。次世代通信規格「◯◯」普及が半導体とスマートフォンの主力2事業に追い風となり、2020年12月期は2年ぶりの増益となりそうだ。5Gへの期待で株価は最高値に迫るが、財閥トップの裁判の判決が2月にも出て再び収監される可能性もあり、暗雲が垂れこめたままだと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54154950Y0A100C2FFJ000/

12月17日(火) 日経新聞 きょうのことば ハイテク産業育成政策 『中国◯◯2025』

中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が2015年にハイテク産業育成政策「中国◯◯2025」を発表して以降、半導体や通信、自動車といったハイテク関連産業に対する産業補助金が増え続けている。一方、地方政府が経営不振に陥っている地場の国有企業を支援するために支給するケースも目立つ。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53408860W9A211C1EA2000/

1月24日(木) 日経朝刊1面 中国ハイテク生産〇〇

中国でハイテク製品の生産が急減していると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40390720U9A120C1MM8000/

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40390000T20C19A1TJ2000/

12月22日(土) 日経朝刊1面 鴻海・シャープ、中国に○○円半導体工場 地元政府が大半拠出 米は反発も

台湾・鴻海精密工業と子会社のシャープは、中国に最新鋭の半導体工場を新設する方向で地元政府と最終調整に入りました。