2020年10月28日(水) 日本経済新聞 15面 物言う株主、◯◯業界買い増し

アクティビスト(物言う株主)が中堅◯◯◯◯の株式を相次ぎ買い増している。◯◯◯◯は震災復興や五輪関連の工事でキャッシュをため込んだ一方、配当利回りが低い企業も多い。将来の成長も見込みにくいため足元の株価は割安だ。業界再編を促して投資利益を狙うファンドもあり、株主還元や企業価値の向上策を巡って物言う株主からの要求が強まりそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65314880S0A021C2DTA000/

2020年2月8日(土) 日経新聞 3面 ◯◯◯◯◯ 米エリオット、ソフトバンクグループに要求

米国の有力アクティビスト(物言う株主)、エリオット・マネジメントがソフトバンクグループ(SBG)に対して最大200億ドル(約2兆2千億円)の◯◯◯◯◯や社外取締役の増員などを要求していたことが7日わかった。エリオットはSBGの株式市場での評価が保有株の価値に比べて大幅に割安になっていると判断。多額の株主還元を含めた企業統治(コーポレートガバナンス)の見直しを求めると日経新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55394750X00C20A2EA2000/