2022年6月3日(金) 日本経済新聞 1面 インフラ点検などIT化

政府は対面や常駐といったデジタル社会に適合しない「アナログ規制」を義務付ける法令について、およそ4000条項を改正する調整に入った。ダムや堤防といったインフラ点検で目視を求める規制などを撤廃する。ドローンなどデジタル技術の活用を認めて効率化につなげると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61392490T00C22A6MM8000/

2022年2月6日(日) 日本経済新聞 1面 インフラ 止まらぬ高齢化

全国で道路や橋などのインフラの老朽化がとまらない。9人が亡くなった2012年の中央自動車道のトンネル崩落事故から9年。総点検して修繕・更新を進めるはずが、予算や人手の不足で対応は後手に回る。トンネルの約4割は早急に手当てしないと危険な状態のままだ。人口減も見据えて優先順位をつけ、ばらまきを排した投資を急ぐ必要がある。センサーやドローンなど新技術を活用した保守点検の効率化もカギになると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79905550W2A200C2MM8000/

2021年7月10日(土) 日本経済新聞 1面 空飛ぶクルマで旅客輸送

日本航空(JAL)は2025年度に「空飛ぶクルマ」を使った事業に乗り出す。三重県などで空港と観光地を結ぶ旅客輸送サービスを始める。ANAホールディングス(HD)も25年度に同様のサービスへの参入を検討している。空の移動が身近になれば道路渋滞の緩和や過疎地の交通対策にも役立つ。海外でも実用化競争が進んでおり、新ビジネスに見合うルール整備が課題となると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73760930Q1A710C2MM8000/

10月15日(火) 日経新聞 9面 空飛ぶ◯◯◯◯ 15日から、幕張メッセ CEATEC(シーテック)

※新聞休刊日のため、前日14日の新聞より解説しています。

ドローン(小型無人機)開発のエアロネクスト(東京・渋谷)は、人が乗り込める新型モビリティー「空飛ぶ◯◯◯◯」を公開する。15~18日に幕張メッセで開催される国内最大規模のIT(情報技術)見本市「CEATEC(シーテック)2019」に出展し、試作機を展示すると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50817250Z01C19A0FFR000/

9月16日(月) 日経新聞 きょうのことば ◯◯◯の◯◯生産 世界全体の12.7%

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO49853970V10C19A9NN1000/

4月14日(日) 日経朝刊1面 自衛隊、〇〇〇〇100人体制

防衛省は2022年度に発足させる〇〇状況を〇〇する新部隊を100人規模とする方針だと日経新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43717400T10C19A4MM8000/

※新聞休刊日のため、前日の新聞の内容を解説しています

3月18日(月) 日経朝刊11面 次世代「〇〇電池」 実用化前倒し

究極の蓄電池といわれる「〇〇電池」の最大の課題である寿命を大幅に向上させる技術が相次いで開発されたと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42513430V10C19A3TJM000/

3月6日(水) 日経朝刊13面 電柱の数〇〇〇〇万本

電力各社が電柱や鉄塔といった送配電設備をITインフラとして使い始めたと日経が報じています。さて、その電柱は全国でどれくらいの数になるでしょう?

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42057180V00C19A3TJ1000/