2021年1月29日(金) 日本経済新聞 3面 ◯◯量産 競争激しく テスラ、年100万台視野

電気自動車(◯◯)の市場争奪戦が本格化してきた。専業の米テスラは27日、2022年までの年間販売台数が20年比倍の100万台超になるとの見通しを示した。首位の座にあるシェアをさらに高める狙いだが、足元では米ゼネラル・モーターズ(GM)など既存車大手も急ピッチで量産準備を進める。基幹部品となる電池素材の取り合いも激しさを増しそうだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68631930Z20C21A1EA2000/

3月18日(月) 日経朝刊11面 次世代「〇〇電池」 実用化前倒し

究極の蓄電池といわれる「〇〇電池」の最大の課題である寿命を大幅に向上させる技術が相次いで開発されたと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO42513430V10C19A3TJM000/