2022年10月5日(水) 日本経済新聞 1ページ ノーベル物理学賞

スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2022年のノーベル物理学賞をフランスのエコール・ポリテクニークのアラン・アスペ教授(75)ら米欧の3人の研究者に授与すると発表した。量子力学と呼ぶ物理学の理論の発展に貢献し、次世代の高速計算機である量子コンピューターをはじめとする量子技術の革新の土台を築いた業績を評価したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64890400U2A001C2MM8000/

2021年10月6日(水) 日本経済新聞 1面 真鍋氏 ノーベル賞

スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2021年のノーベル物理学賞を日本出身で米国籍の真鍋淑郎・米プリンストン大学上席研究員(90)らに授与すると発表した。大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が気候に与える影響を初めて数値で明らかにした。温暖化の原因を科学的に示した真鍋氏らの研究は、現在の脱炭素をめぐる議論の発端となったと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76374360W1A001C2MM8000/

2021年10月2日(土) 日本経済新聞 48面 私の履歴書

今月は旭化成名誉フェロー・吉野彰さんのお話です。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76243260R01C21A0BC8000/

10月11日(金) 日経新聞 証券面 リチウムイオン電池の基幹部材は◯つ 会社四季報の絶大な威力に感服

旭化成の吉野彰名誉フェローのノーベル化学賞受賞が決まったことで、10日の東京株式市場では、授賞理由となったリチウムイオン電池の部材を供給する銘柄を買う動きが出た。旭化成は朝方に一時前日比4%高まで上昇。正極材を手掛ける田中化学研究所は11%高まで上げる場面があった。個人投資家の「ご祝儀買い」が入ったようだと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50842820Q9A011C1DTA000/

4月11日(木) 日経朝刊1面 〇〇〇〇〇〇〇撮影成功 日米欧など、世界の望遠鏡連動 存在、完全に証明

日米欧などの国際共同研究グループは10日、銀河の中心にある巨大〇〇〇〇〇〇〇の撮影に初めて成功したと発表した。世界の8つの電波望遠鏡を連動させ、極めて解像度の高い巨大望遠鏡に見立てて観測した。〇〇〇〇〇〇〇の存在は間接的な証拠からわかっていたが、目に見える形で姿をとらえたことはなかった。謎に包まれた天体の解明につながるノーベル賞級の成果で、データ解析に使われた技術は新素材の開発や医療にも役立つと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43588130Q9A410C1MM8000/

12月3日(月) 〇〇〇〇挑戦 革新を生む 本庶佑教授インタビュー

イノベーションを起こすために必要なことを想像できますか…?