2022年7月25日(月) 日本経済新聞 新聞休刊日につき、24日の1ページ EC消費、2割増も息切れ

日本の電子商取引(EC)市場に息切れ感が出てきた。新型コロナウイルス禍を経てネット経由の消費が2割以上増えたものの、足元では伸びが一服。海外と比べると浸透度はなお主要国で最低の水準だ。成長力を持続するには一段の工夫が欠かせないと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62855970U2A720C2MM8000/

2022年1月16日(日) 日本経済新聞 1面 年収、最大10億円

ファーストリテイリングは中途採用の年収を最大10億円に引き上げる。柳井正会長兼社長の年収4億円を上回る。日本企業の中途採用の平均年収の200倍超にあたり、国内では最高水準とみられる。衣料品は米アマゾン・ドット・コムなどIT(情報技術)大手との競争が激しくなっている。世界からデジタル人材を集めて衣料品の製造・販売が中心の収益構造を変え、新たな事業モデルを構築すると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79262920W2A110C2MM8000/

2021年4月12日(月) 新聞休刊日 11日付日本経済新聞 1面 情報銀行に健康データ

利用者の同意を得て個人データを預かり第三者に提供する「情報銀行」が、健康や医療に関する情報も取り扱えるようになる。政府が2021年度後半にも解禁する。これまでは情報保護の観点から、扱うことができなかった。健康診断の検査項目や薬歴といったデータを安全に流通させる環境を整え、企業の製薬開発や食品開発などに役立てると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70895520R10C21A4MM8000/

2020年7月2日(木) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯◯◯◯(EC) パソコンやスマートフォンといった端末から、インターネットなどを経由して行われる商品やサービスの取引

パソコンやスマートフォンといった端末から、インターネットなどを経由して行われる商品やサービスの取引。エレクトロニックコマース(EC)と呼ばれる。アマゾン・ドット・コムや楽天、ヤフーなどのサイトを使い、中小企業や個人が消費者に販売する取引も増えている。企業対消費者の「BtoC」や消費者間の「CtoC」と分類される。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61030880R00C20A7EA2000/

2月18日(月) 日経朝刊3面 〇〇〇〇 世界の市場、90兆円規模

インターネットを使って、海外の商品を購入することを指す言葉です。利用者は、自国で買えない海外の日用品や家電などを容易に買えるのがメリットになります。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO41386170X10C19A2NN1000/
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO41384620X10C19A2MM8000/

2月5日(火) 日経朝刊1面 「〇〇製」アジア輸出加速

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40894920V00C19A2MM8000/