2021年7月1日(木) 日本経済新聞 1面 ネット振込 手数料下げ

3メガバンクなど大手銀行は10月以降、インターネットバンキングの振込手数料を引き下げる。個人や企業が送金などの取引でネットを利用しやすくする。2022年度にはスマートフォンを使って割安に送金できる仕組みも始める。デジタル技術を金融に生かす新興企業の台頭が、高いと批判されてきた手数料の引き下げ圧力になっていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73445110R00C21A7MM8000/

2020年11月19日(木) 日本経済新聞 きょうのことば 米アップルは有料アプリには原則として販売額やアプリ内課金の売上高の◯%の手数料を課している

アプリストアの運営者が、スマートフォンアプリの売り上げに対して、アプリ運営事業者に一定の手数料の支払い義務を課す仕組み。スマホゲームの有料くじ「ガチャ」や、定額制の有料会員サービスなどが対象となる。米アップルは有料アプリには原則として販売額やアプリ内課金の売上高の◯%の手数料を課しているが、無料アプリについては手数料そのものを徴取していない。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66400520Z11C20A1EA2000/

11月30日(土) 日経新聞 1面 株・投信、手数料◯◯の波

個人の株式や投資信託の売買手数料を◯◯にする動きが加速する。インターネット取引を主力とするカブドットコム証券と松井証券は、年内にそれぞれ信用取引と投信で◯◯する。カブコムは来春に現物株取引でも着手する計画だ。投資家の運用成績を損ねる手数料を収益源とするビジネスモデルが修正を迫られている。業界再編の呼び水となる可能性がある一方、投資家のメリットは大きく、裾野を広げることにつながりそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO52768480Z21C19A1MM8000/

7月10日(水) 日経新聞 7面 金融経済面 米株売買、◯◯◯◯◯なし ネット証券3社

米国株式の取引を巡り、インターネット証券で売買手数料の引き下げ競争が激しくなっている。(中略)米国株は個人投資家の人気が根強い。顧客をつなぎ留めたいネット証券の値下げ合戦が熱を帯びてきたと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47147560Z00C19A7EE9000/