2022年7月27日(水) 日本経済新聞 1ページ 医師・看護師、仕事シェア

厚生労働省は医師や看護師、薬剤師などが職種を超えて仕事を分担する「タスクシェア」や、医師の仕事の一部を看護師らに任せる「タスクシフト」の推進に乗り出す。医療の仕事は法律で担い手が決まり、例えば看護師は原則、医療行為はできない。少子高齢化に伴う人手不足を前に、一部の仕事を分担して医療の効率を高める。医療の改革に向けた転機となる。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62931920X20C22A7MM8000/

2021年6月1日(火) 日本経済新聞 1面 中国、第3子容認

中国共産党は31日の政治局会議で、1組の夫婦に3人目の出産を認める方針を示した。2020年の出生数は1949年の中国建国後最大の落ち込みとなった。中国にとって巨大な人口は国際的な影響力の源泉だ。少子高齢化による経済成長鈍化への危機感は強く、産児制限の緩和に動くと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72457100R00C21A6MM8000/

 

 

2020年1月18日(土) 日経新聞 きょうのことば ◯◯◯◯人口 生産活動を中心となって支える人口のこと

生産活動を中心となって支える人口のこと。経済協力開発機構(OECD)は15~64歳の人口と定義している。労働力の中核として経済に活力を生み出す一方、社会保障を支える存在でもある。国連の資料によると、世界の◯◯◯◯人口は2020年時点で50億8000万人。新興国を中心とする人口増で、50年には61億3000万人と20%増える見通しだ。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54555440X10C20A1EA2000/