2021年11月1日(月) 日本経済新聞 15面 アラムコ、7月〜9月

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが31日発表した2021年7~9月期の純利益は前年同期に比べ2.6倍の約304億ドル(約3兆5000億円)だった。原油価格の高騰を受け、販売収入が増加。石油精製や石油化学事業の収益が膨らんだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77151060R01C21A1FF8000/

2020年3月9日(月) 日経新聞 1面 サウジアラビア 一転、石油◯◯へ

世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは自主的な◯◯を取りやめ、石油◯◯に転じる見込みだ。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国の減産交渉が決裂したことが背景にある。2016年ごろから実施する価格下支えの取り組みをやめシェア重視の戦略に転換したもようだ。新型コロナウイルスが石油需要に影を落とす中、石油価格下落に拍車をかける可能性があると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO56546170Y0A300C2MM8000/

12月9日(日) 日経1面 ソフトバンクの実像(上) 異形の「利益日本一」

ソフトバンクグループが大株主となっているアメリカの会社の時価総額がおよそ半分になっています。