2021年3月9日(火) 日本経済新聞 1面 パナソニック、米社買収 ソフト大手、7000億円で 最終調整

パナソニックはサプライチェーンの効率化を手がける米ソフトウエア大手、ブルーヨンダーを買収する方針を固めた。投資額は7000億円を軸に調整しており、同社にとって過去最大級のM&A(合併・買収)になる。センサーなどにソフトを組み合わせた事業改善案を企業に提供しハード事業の幅を広げる。モノの売り切りが主体だった製造業でビジネスモデルの変革が加速する。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69787580Z00C21A3MM8000/

2021年2月28日(日) 日本経済新聞 1面 自社株で買収 税優遇拡充 政府、再編後押し

政府は自社株式を対価として使う企業買収について税優遇を拡充して使いやすくする。現在は必要としている国の事前認定を不要にし、自社株と現金を組み合わせた場合も税優遇を受けられるようにする。新型コロナウイルス禍で事業環境が変化するなか、財務戦略の選択肢を増やし再編を後押しすると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69511560Y1A220C2MM8000/

2021年2月5日(金) 日本経済新聞 1面 日本電産、◯◯技術取得 三菱重工から300億円で買収

日本電産は三菱重工業の子会社で自動車用ギアの生産設備を手掛ける三菱重工工作機械(滋賀県栗東市)を買収する方針を固めた。買収額は300億円程度のもよう。成長事業と位置づける◯◯◯◯◯(◯◯)用駆動モーターの性能向上に不可欠なギアの技術を取得。内製化を進め、生産コストの抑制や納期短縮を目指す。◯◯市場の拡大をにらんだM&A(合併・買収)が本格化してきたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68849500V00C21A2MM8000/

2020年9月15日(火) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯◯ 「マネジメント・バイアウト」の略称でM&A(合併・買収)の一種。経営者や従業員が、所属する企業や部門を買収する

「マネジメント・バイアウト」の略称でM&A(合併・買収)の一種。経営者や従業員が、所属する企業や部門を買収する。経営者の資金は限られているため、投資ファンドと組んだり、金融機関から融資を受けたりするケースが多い。◯◯◯で非上場化すれば、経営者は株価に左右されず、自由度の高い経営を行うことができるとされる。長期的な視点で大胆な構造改革に踏み込みやすい。敵対的買収を避ける狙いで使われることもある。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63839880U0A910C2EA2000/

2020年9月5日(土) 日本経済新聞 1面 SOMPO、アメリカの◯◯保険大手を買収

SOMPOホールディングス(HD)は米国の農業保険大手を買収する。気候変動で◯◯◯や◯◯の収入が不安定になるリスクが高まり、保険の需要が増えている。SOMPOは買収に400億~500億円を投じ、米国でシェア首位と並ぶ規模に事業を拡大すると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63475640U0A900C2MM8000/

2020年7月9日(木) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯◯ M&A(合併・買収)の手法の一つ。経営権を取得するため、幅広い株主から市場外で株式を買い付ける。テーク・オーバー・ビッド(Take Over Bid)の略

M&A(合併・買収)の手法の一つ。経営権を取得するため、幅広い株主から市場外で株式を買い付ける。テーク・オーバー・ビッド(Take Over Bid)の略。企業買収やグループ企業の再編時に用いられる。不特定多数の株主に対し、公平な売却機会を確保するための手続きで、金融商品取引法で規定されている。(日経新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61311460Y0A700C2EA2000/

12月18日(水) 日経新聞 1面 富士フイルム 日立製作所の◯◯機器事業を買収 欧米大手追う

富士フイルムホールディングスは日立製作所の◯◯診断機器事業を買収する方針を固めた。買収額は1700億円台に達する見通し。日立の◯◯◯◯画像装置(◯◯◯)などの◯◯機器に富士フイルム独自の画像処理技術や人工知能(AI)などのソフトウエアを組み合わせ一括して提供し、独シーメンスなど海外大手3社を追い上げる。世界の成長市場の攻略をにらみ、国内企業による事業統合・再編が加速してきた。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53489060Y9A211C1MM8000/

11月1日(金) 日経新聞 文化面 私の履歴書 「1万社のうち、30年生き残るのは◯パーセント」

19年8月6日に株式売却を発表。キリンHDと今の社員に未来を託した。肩の荷が下り、今はすがすがしい。「不安、不満、不便」。この3つの不を解消しようと無添加化粧品のファンケルを立ち上げた。仲間とつくった会社がつぶれ、借金に追われるなど道のりは平たんではなかった。1万社のうち、30年生き残るのはわずか◯%だそうだ。(日経新聞から引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51637830R31C19A0BC8000/

10月13日(日) 日経新聞 きょうのことば ◯◯◯買い 企業が、自分の会社の株式を買い取ること

企業が過去に発行した株式を自社で買い取ること。◯◯◯買いした株式は議決権がなく配当も支払われない。株式市場に出回る株式数が減るため、利益が同水準であれば、投資家が重視する1株利益や自己資本利益率(ROE)が改善する。配当に並ぶ株主還元の手段として実施する企業が増えている。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50914970R11C19A0EA2000/

9月21日(土) 日経新聞 1面 日立、成長へ1兆円調達 財務、◯◯から◯◯に

日立製作所が「◯◯の財務」で成長戦略を再加速する。2022年3月期までの3年間に借入金や社債で約1兆円を調達。本業で稼ぐ資金なども合わせて、M&A(合併・買収)や設備投資を合計約4.5兆円と倍増させる。非中核事業の売却などで財務改善が進んだため、負債を活用して資本効率を高める戦略に転換する。これまで日本企業は借金返済を優先し、投資などは抑制してきた。そうした縮み志向を抜け出す企業が増えていく可能性があると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50045870Q9A920C1MM8000/