2022年8月23日(火) 日本経済新聞 1ページ 国産量子計算機

富士通は理化学研究所と共同で次世代の高速計算機である量子コンピューターの実用化に向け、2023年度に企業への提供を始める。金融市場の予測、新素材や薬の開発への活用を見込む。米グーグルなど海外勢が開発を主導しており、幅広い分野の計算ができる汎用型を国内企業が手掛けるのは初めてになる。産業競争力や安全保障を左右する次世代技術開発の起爆剤になる可能性があると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63665320T20C22A8MM8000/

2022年7月29日(金) 日本経済新聞 1ページ 次世代半導体

日米両政府は量子コンピューターなどに使う次世代半導体の量産に向けた共同研究を始める。日本が米国との窓口になる研究開発拠点を年内に新設し、試験的な製造ラインを置く。2025年にも国内に量産態勢を整備できるようめざす。台湾有事をにらみ経済安全保障上の重要性が増す半導体の安定供給につなげると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63004010Z20C22A7MM8000/

2022年2月9日(水) 日本経済新聞 1面 国際連携

インターネットを行き交うメールの内容やクレジットカード情報などを外部から読めなくする暗号技術。量子コンピューターの進化で解読リスクがあるとして、米国が2024年を視野に次世代型の国際標準化を急ぐ。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79992920Z00C22A2MM8000/

2022年1月24日(月) 日本経済新聞 1面 量子技術導入に税優遇

政府は量子技術を導入する企業を対象とした優遇税制を検討する。設備投資の費用に応じて法人税を控除する枠組みなどを想定する。安全性が高い量子暗号や次世代計算機である量子コンピューターの導入を促し、企業のセキュリティーや研究開発力を高めると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79478960U2A120C2MM8000/

2021年12月23日(木) 日本経済新聞 1面 新型量子計算機

日本の産官学が次世代の高速計算機、量子コンピューターで世界に打って出る。NTTと東京大などは22日、光を用いる新型計算機の基幹技術を開発したと発表した。2030年に高性能の実機をつくる計画。量子コンピューターは産業の競争力だけでなく、国家の安全保障にも影響を及ぼしかねない。米国や中国勢も開発を急いでおり、国を挙げての開発競争の様相を呈してきたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78687460T21C21A2MM8000/

2021年8月24日(火) 日本経済新聞 1面 セブン、全国で宅配参入

セブン&アイ・ホールディングスは国内コンビニエンスストアの全約2万店を活用した宅配事業に参入する。きめ細かい店舗網を生かし最短30分で商品を届ける。2025年度をメドに実現する。国内コンビニ市場は20年度に初めてマイナス成長に転じた。セブンがネットと店舗を融合した宅配サービスでアマゾン・ドット・コムなどに対抗することで、小売業の競争は新たな段階に入ると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75056590U1A820C2MM8000/

10月19日(土) 日経新聞 1面 ◯◯コンピューター 人工知能に続く革新的技術として期待されるコンピューター

人工知能(AI)などに続く革新的技術として期待される◯◯コンピューターが「スーパーコンピューターを超える日」が近づいてきた。米グーグルは、理論上の概念だった性能を実証し、最先端のスパコンで1万年かかる問題を瞬時に解く実験に成功したもようだ。米IBMなども研究に力を入れる。急速な進歩はいずれ人類にこれまでにない計算パワーをもたらす。AIの活用や金融市場のリスク予測などを通じ、社会にディスラプション(創造的破壊)を起こす可能性を秘めると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51143200Y9A011C1MM8000/

1月1日(火) 日経朝刊1面 つながる〇〇億の脳

テクノロジーの進歩が速度を増し、人類は肉体や能力の限界を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に近づいています。