2024年5月5日(日曜日) 3ページ 為替と米大統領選の話題

米大統領選は5日、投開票まで残り半年となる。勝敗を決する激戦7州すべてで共和党のトランプ前大統領が民主党のバイデン大統領に先行する。過去10回のうち7回は半年前の世論調査で優勢だった候補が制したものの、予断を許さない戦いが続くと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80468600V00C24A5EA2000/

2024年4月30日(火曜日) 1ページ 外国為替介入の話題

29日の外国為替市場で円相場が急騰した。対ドルで一時1ドル=160円台を付けた後、1ドル=154円台まで上昇する場面があった。日米の金利差の縮小が遠のくとの見方から円安・ドル高の流れが一段と強まっていた。市場では政府・日銀が円買い為替介入に踏み切ったのではないかとの観測が出ていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80360730Q4A430C2MM8000/

2024年4月26日(金曜日) 1ページ 円下落の話題

25日の東京外国為替市場で円相場は下落し、一時1ドル=155円70銭台と1990年以来34年ぶりの円安・ドル高水準を付けた。日米金利差が開いた状態が続くとの見方が円売り・ドル買いにつながった。日本の大型連休を前に輸入企業がドルを調達する動きが強まったことも円相場を押し下げたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80296680V20C24A4MM8000/

2024年1月27日(土曜日) 5ページ 軟着陸の話題

米経済が堅調に推移している。2023年10~12月期の国内総生産(GDP)は個人消費がけん引し、前期比年率3.3%増の高成長となった。最大のリスクだったインフレ率は鈍化基調が続く。これまでは景気後退を避けながらインフレが収まる軟着陸への軌道を保ち、市場は早期利下げへの期待を維持すると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78012460W4A120C2EA4000/

2023年12月9日(土曜日) 1ページ 急な円高の話題

歴史的な円安相場に転機の兆しが出ている。米国の金融引き締め局面が終わりに近づくなか、日本で金融緩和の出口に対する意識が強まってきた。世界で孤立した極端な緩和状態から脱すれば、「超円安」も終わりを告げる可能性は高い。問題は「利上げには耐えられない」といわれた日本経済の構造的な弱さを克服できるかどうかだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76820310Z01C23A2MM8000/

2023年11月30日(木曜日) 3ページ 外国為替の話題

外国為替市場でドル高基調の修正が強まっている。米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事が28日の講演で利下げ開始に言及し、米金利は大幅に低下した。ドルは幅広い通貨に対して売られ、円は一時1ドル=146円台と2カ月半ぶりの水準まで上昇したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76533030Z21C23A1EA2000/

2023年11月21日(火曜日) 1ページ 製造業と非製造業の話題

製造業の純利益が15年ぶりに非製造業を逆転した。2023年4~9月期は11兆6425億円と前年同期から12%増え、非製造業(8%増の11兆5652億円)を上回った。同期間での逆転は08年以来になる。対ドルで7円程度の円安進行や供給網改善による生産回復、値上げが下支えした。中国の景気減速など不透明要因は多く、今の増益ペースが続くかが焦点になると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76286760Q3A121C2MM8000/

2023年8月30日(水曜日) 1ページ 円の実力の話題

円の実力が下がっている。ドルやユーロなど様々な通貨に対する円の総合的な購買力を示す指標は、53年ぶりの低水準に沈む。要因はデフレや金融緩和だ。エネルギーなど輸入価格の上昇につながり、2022年度から2年間の家計の負担増は20万円に迫る。円の購買力を取り戻すには、物価と賃金の上昇の好循環を軌道に乗せる必要があると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74004330Q3A830C2MM8000/

2023年8月1日(火曜日) 3ページ 日本株、金利高でも動じず

日銀による緩和修正の余波が続く31日の金融市場では株高・円安が進んだ。日経平均株価は1カ月ぶりに3万3000円を回復し、円相場は3週ぶりに1㌦=142円を付けた。市場が緩和修正に動じない背景には、日銀の緩和的な政策はなお続くとの見方がある。株式市場では、脱デフレによる企業業績改善への期待が金利上昇への懸念に勝ったと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73229150R00C23A8EA2000/

2023年7月11日(火曜日) 2ページ 植田総裁の100日

「日本で一番引き受けたがらない組織のトップになります」。3月、日本政策投資銀行の取締役会で当時社外取締役だった植田はこう語った。

火中の栗を拾った理由は何か。「(長短金利操作やマイナス金利政策を撤回する)金融正常化を実現した総裁として歴史に名を残そうと考えている」。植田に近い関係者はこう証言する。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO72643440Q3A710C2EA1000/