2020年9月23日(水) 日本経済新聞 1面 「◯◯医療」大都市圏に波及 長寿社会のリアル

高齢化が著しい日本で十分に医療を受けられないリスクが膨らむ。体力が衰えた高齢医師が老いた住民を診る「◯◯医療」が増えるからだ。日本経済新聞の分析によると、大都市圏では2026年までの10年間に後期高齢者1人あたり診療時間は2割減少。医師の不足感が過疎地並みになる地域が2割に達しそうだ。遠隔診療の普及など医療の生産性を高める対策が必要だと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64121550T20C20A9MM8000/

2020年9月18日(金) 日本経済新聞 17面 ◯◯◯◯◯◯◯ チームで「合宿」

プリンスホテルは、観光地に滞在しながら働く「◯◯◯◯◯◯◯」を企業に提案する。軽井沢など5ホテルでプランを用意。快適な環境で社員の仕事の能率を上げたい、チームで滞在して結束を強めたいといった需要を狙う。テレワークの普及で企業や個人の働き方への考えが柔軟になっており、観光業界に商機が生まれている。

◯◯◯◯◯◯◯はワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語で、2000年ごろに米国で始まったとみられる。好きな場所でリフレッシュしながら仕事をする、オンライン会議などの勤務日を挟みながら長期旅行に出かける、といった活用法があると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO63995360X10C20A9TJ3000/

2020年8月18日(火) 日本経済新聞 2面 ◯◯◯◯大量閉店時代

レナウン、さよならセール――。8月1日、東武宇都宮百貨店(宇都宮市)で、紳士服「インターメッツォ」や婦人服「シンプルライフ」などレナウンブランドの店が最終セールを終えると一斉に閉店した。だが、レナウン本社の担当者はセールはもちろん閉店さえ知らなかった。「社内が混乱し、誰もコントロールできていない」

かつて売上高で日本一の◯◯◯◯だった名門のレナウンだが、いまやリストラ策の決断はおろか、重要情報の共有すらままならないと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62729740X10C20A8EA1000/

2020年6月4日(木) 日経新聞 1面 DX(デジタル◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯)革命 企業明暗

新型コロナウイルスの感染拡大で消費行動が大きく変わるなか、デジタルトランスフォーメーションの巧拙が企業の明暗を分けている。米ウォルマートやウォルト・ディズニーは店舗やテーマパークでの集客の落ち込みをネット販売や動画配信事業で補った。日本でもニトリホールディングスなどがデジタル対応を強化しているが、取り組み企業の数では米に劣る。DXに遅れた企業は業績も振るわない。デジタル対応力が企業の「コロナ耐性」を左右しはじめたと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59933220T00C20A6MM8000/

2020年6月3日(水) 日経新聞 12面 ◯◯看板で密集回避、小売店向け活況

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取り組みで、小売店の経営支援を手がけるインパクトホールディングス(HD)が攻勢をかける。デジタルサイネージ(◯◯看板)を使い、無人で商品を紹介できたり店内の混雑状況を予測したりする事業の引き合いが急増。小売店の密集を避けるニューノーマル(新常態)に対応した販売促進手法として普及しそうだと日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59824430R00C20A6TJ1000/

1月10日(木) 日経朝刊5面 カイゼン お役所仕事 〇〇〇〇〇で手続き完結

政府は2020年度から、主に中小企業向けに行政手続きを簡素にする方針です。