2021年7月28日(水) 日本経済新聞 きょうのことば 雇用調整助成金

企業が従業員に払う休業手当の費用を補助する制度。仕事が減っても働き手を解雇せず、雇用を維持してもらう狙いがある。もともと1人あたりの日額上限は約8300円だったが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う特例措置として2020年から助成内容を拡充した。今は原則として日額上限を1万3500円、助成率が最大10分の9で、売り上げが大幅に落ちこむ企業などには1万5千円まで支給している。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74242090Y1A720C2EA2000/

2020年7月3日(金) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯◯◯制度 経済が大きく落ち込み、企業が従業員の解雇を迫られるようなときに、政府が給与や休業手当の支払いを支援して生活を支える制度のこと

経済が大きく落ち込み、企業が従業員の解雇を迫られるようなときに、政府が給与や休業手当の支払いを支援して生活を支える制度のこと。解雇を防ぎ、失業者を増やさないようにする。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、先進国では新たな制度を導入したり、既存の制度を拡充したりする動きが広がった。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61105970S0A700C2EA2000/