2022年2月19日(土) 日本経済新聞 1面 オンワード ネット商品試着

オンワードホールディングスは2024年までに1300店規模のほぼ全店を電子商取引(EC)と連携させる。消費者はECで扱う大半の商品を店に取り寄せて試着・購入できる。EC売上高比率を3割から30年までに5割に高める。店舗の低コスト運営にもつなげる。新型コロナウイルス禍で衣料品市場が縮小するなか、アパレルがネットを軸に生き残りを目指す動きが広がってきたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80307880Z10C22A2MM8000/

2020年12月28日(月) 日本経済新聞 1面 展望 コロナ時代(1) 柳井ファーストリテイリング会長兼社長『消費回復の主役は◯◯◯』

新型コロナウイルスの感染収束の気配はみえず、先行き不安から消費者は節約志向を強める。アパレルの販売も軒並み厳しい。2021年の消費環境はどうなるか。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に聞いた。(日本経済新聞より引用9

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67766210Y0A221C2MM8000/