2021年12月19日(日) 日本経済新聞 2面 「デカコーン」世界で倍増

世界で未上場企業の大型化が進んでいる。2021年に企業価値が100億ドル(約1.1兆円)を超える「デカコーン」になった企業数はハイテク関連を中心に倍増した。高い利益率への期待からファンドの資金が流入している。実力以上の評価を受ける企業もあり、過熱感が出ていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78574680Z11C21A2EA1000/

2020年7月18日(土) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯◯◯◯ 未上場だが投資家から高い評価を受け、上場企業の株式時価総額に相当する評価額が10億ドルに達した成長企業を指す

未上場だが投資家から高い評価を受け、上場企業の株式時価総額に相当する評価額が10億ドル(約1070億円)に達した成長企業を指す。伝説の生き物である「一角獣(◯◯◯◯◯)」になぞらえ、めったに現れないという意味を込めて呼ばれる。米中が二大大国で、米国では新しい企業が相次ぎ登場して産業の新陳代謝が進む。中国は国策として、最先端のデジタル技術の革新を加速している。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61686960X10C20A7EA2000/