2022年2月19日(土) 日本経済新聞 1面 オンワード ネット商品試着

オンワードホールディングスは2024年までに1300店規模のほぼ全店を電子商取引(EC)と連携させる。消費者はECで扱う大半の商品を店に取り寄せて試着・購入できる。EC売上高比率を3割から30年までに5割に高める。店舗の低コスト運営にもつなげる。新型コロナウイルス禍で衣料品市場が縮小するなか、アパレルがネットを軸に生き残りを目指す動きが広がってきたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80307880Z10C22A2MM8000/

2021年7月13日(火) 日本経済新聞 1面 「売らないテナント」3割に

丸井グループは2026年3月期までに、売り場面積の約3割を「売らないテナント」に転換する。通販など話題のネット企業を誘致し、商品やサービスを体験してもらう場にする。新型コロナウイルス禍で消費のネットシフトが加速している。大型商業施設がライバルのネット勢と共存する先駆けとなると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73809750T10C21A7MM8000/

2020年12月28日(月) 日本経済新聞 1面 展望 コロナ時代(1) 柳井ファーストリテイリング会長兼社長『消費回復の主役は◯◯◯』

新型コロナウイルスの感染収束の気配はみえず、先行き不安から消費者は節約志向を強める。アパレルの販売も軒並み厳しい。2021年の消費環境はどうなるか。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に聞いた。(日本経済新聞より引用9

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67766210Y0A221C2MM8000/

2020年7月16日(木) 日本経済新聞 14面 アパレル大手・中堅企業9社中、◯社が最終赤字

アパレル大手・中堅企業が15日までに発表した2020年3~5月期決算は9社(2月期本決算企業、西松屋チェーン除き連結)のうち◯社が最終赤字となった。店舗の休業や営業時間の短縮により販売が落ち込んだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61561430V10C20A7DTA000/

11月7日(木) 日経新聞 18面 投資情報 「現状の◯◯に納得していない」

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51873730W9A101C1DTB000/

9月23日(月) 日経新聞 1面 米小売店、3年で1万店減 「アマゾン・◯◯◯◯◯」猛威

米アマゾン・ドット・コムが既存の小売業を脅かす「アマゾン・◯◯◯◯◯」が猛威を振るっている。米小売り大手のシアーズ・ホールディングスなど名門企業の経営破綻が相次ぎ、米国で閉鎖した店舗数から開店した店舗数を差し引いた純減数は2017年以降で計約1万店となった。米国で18年に閉鎖した店舗の面積が最高を更新し、さらに勢いを増す。ネット通販の普及が一段と進むとされる日本でも、小売業が対応を迫られると日経が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50103920S9A920C1MM8000/