2022年12月5日(火) 1ページ 自宅外受け取り

電子商取引(EC)で注文した商品を、自宅以外の場所で受け取れる仕組みが相次いでいる。スウェーデン家具大手イケアは、日本国内で店舗以外の専用受け取り拠点を2023年中に現在の3倍の16カ所以上に増やす。生活雑貨から家具まで引き渡す。物流費の高騰や運転手不足が深刻なほか足元の物価高もあり、配送料を抑えたサービスの需要が高まっていると日本経済新聞が報じています。

2021年7月13日(火) 日本経済新聞 1面 「売らないテナント」3割に

丸井グループは2026年3月期までに、売り場面積の約3割を「売らないテナント」に転換する。通販など話題のネット企業を誘致し、商品やサービスを体験してもらう場にする。新型コロナウイルス禍で消費のネットシフトが加速している。大型商業施設がライバルのネット勢と共存する先駆けとなると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73809750T10C21A7MM8000/