2024年5月5日(日曜日) 3ページ 為替と米大統領選の話題

米大統領選は5日、投開票まで残り半年となる。勝敗を決する激戦7州すべてで共和党のトランプ前大統領が民主党のバイデン大統領に先行する。過去10回のうち7回は半年前の世論調査で優勢だった候補が制したものの、予断を許さない戦いが続くと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80468600V00C24A5EA2000/

2023年1月8日(日) 1ページ 米下院議長選が決着、投票15回目

米連邦議会下院は7日未明、15回目の投票でようやく新議長を選出した。野党・共和党ではマッカーシー氏の議長就任に反対してきた保守強硬派が影響力を強めるのは確実。上下両院の多数派が異なる「ねじれ議会」は、もともと政策遂行の障害になる懸念があったが、今回の議長選出は米議会が機能不全に陥るリスクを露呈させたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67417330X00C23A1MM8000/

2022年10月17日(月) 1ページ 米大統領、ドル高容認

米国のバイデン大統領は15日、西部オレゴン州で記者団に「ドルの強さについて懸念していない」と述べ、ドル高を容認する姿勢を示した。国内の物価高対策を優先する構えを鮮明にしたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65190860X11C22A0MM8000/

2021年4月17日(土) 日本経済新聞 きょうのことば ハイテク規制

米中対立の激化に伴い、トランプ前米政権が導入した通信機器など高度技術を扱う中国企業に対する規制。機密情報の漏洩防止や、不公正な貿易慣行に対抗する狙いがある。超党派で対中強硬論が広がるなか、2020年8月から連邦政府と取引する米国企業に対し規制対象の中国企業の製品を使うことを禁止した。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71116570X10C21A4EA2000/