2024年2月17日(土曜日) 9ページ 『ほぼトラ』ほかの話題

トランプ前大統領(77)が11月の米大統領選の共和党候補指名を確実にしつつある。不測の事態がない限り、前回2020年と同じトランプ氏とバイデン大統領(81)の再戦となる。米世論調査の数字から「もしトラ」ではなく「ほぼトラ」ではないか、との見方も出ている。世界はどう変わるのか。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78526700W4A210C2TCR000/

2024年2月5日(月曜日) 3ページ 米中の勢いについて

米中経済の勢いに差が出ている。米国は力強い成長を続ける一方、中国は減速懸念がくすぶる。この傾向はいつまで続き、国際秩序にどう響くのか。両国の経済・金融に詳しい米コーネル大のエスワー・プラサド教授に聞いた。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78225940U4A200C2NN1000/

2024年1月25日(木曜日) 1ページ アメリカ大統領選の話題

米国のトランプ前大統領は23日、11月の大統領選に向けた共和党の候補者指名争いの2戦目を制した。主要メディアが報じた。中西部アイオワ州の党員集会に続き2連勝し、指名獲得へ前進したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77936470V20C24A1MM8000/

2024年1月11日(木曜日) 2ページ アメリカ大統領選の話題

「どうして政治はここまで分断するのか」。米首都ワシントンのアメリカン大に通う1年生のアシュリーはいまの激しい党派対立に強い不信を覚える。(日本経済新聞より引用とら)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77563390Q4A110C2EA1000/

2021年1月9日(土) 日本経済新聞 2面 日経平均、30年ぶり2万8000円台 「◯◯所取り」の株高

新型コロナ禍で沈み込む人々の生活実感と裏腹に、金融緩和が株価を押し上げる「不況下の株高」が進んでいる。8日の日経平均株価は約30年5カ月ぶりの高値となった。悪材料とされてきた、米民主党が大統領と上下両院の過半数を制する「ブルーウエーブ」も買い材料に一変するなど、「◯◯◯◯取り」に死角はないのだろうか。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68041140Z00C21A1EA1000/

2020年11月25日(水) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯◯◯チーム 米大統領選の投票日から新大統領が就任するまでの政権移行期に、それまでの政権からの業務引き継ぎや新政権の政策・体制の構築を担う組織

米大統領選の投票日から新大統領が就任するまでの政権移行期に、それまでの政権からの業務引き継ぎや新政権の政策・体制の構築を担う組織。次期大統領、副大統領を中心に官民から専門家を集めて構成する。主要な省庁や政府機関の業務を評価し、主要省庁の長官から次官補までの高官を含めた数千人規模の人選を行う。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66602210V21C20A1EA2000/

2020年11月7日(土) 日本経済新聞 1面 日経平均株価 ◯年ぶり高値 終値24325円

日本株が約◯年ぶりとなるバブル崩壊後の高値を付けた。6日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、終値は2万4325円と◯◯◯◯年11月以来の高値となった。米大統領選を巡る不透明感が和らぎ、世界の投資家が運用リスクをとる姿勢を強めている。2021年以降の国内景気や企業業績の回復期待も後押ししていると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65960580X01C20A1MM8000/

2020年10月1日(木) 日本経済新聞 1面 アメリカ、分断映す混沌の討論 大統領選 ◯◯◯◯◯◯

11月の米大統領選挙を戦うトランプ米大統領とバイデン前副大統領が初対決した9月29日の◯◯◯◯◯◯は前例のない非難合戦に終始した。疫病と経済、社会の危機にひんする国難をよそに、互いの非をあげつらい支持層へのアピールに没頭する両候補。混沌の◯◯◯は超大国の極まる分断を象徴すると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64425090Q0A930C2MM8000/

2020年8月22日(土) 日本経済新聞 きょうのことば ◯◯◯◯演説 4年に一度、11月に実施される米大統領選で、大統領候補、副大統領候補が全国党大会で行う演説

4年に1度、11月に実施される米大統領選で、大統領候補、副大統領候補が全国党大会で行う演説。党綱領が事実上党の公約を示すのに対し、候補者本人が直接、就任後の任期4年間のビジョンを語り、国民にアピールする。

党大会は大統領選の年にだけ開かれ、通常は全米の議員や一般党員、メディア関係者など数万人が会場に集まる「4年に1度のお祭り」といわれる。主要テレビが生中継し、指名受諾演説を通じて政策や人柄、党の結束を示す重要な機会となる。民主、共和両党のうち、ホワイトハウス奪還を目指す方が先に開くのが通例だ。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62946870S0A820C2EA2000/

2020年8月13日(木) 日本経済新聞 きょうのことば アメリカ◯大統領 米国の行政府において大統領に次ぐナンバー2の役職

米国の行政府において大統領に次ぐナンバー2の役職。大統領が職務を続けられなくなった場合の継承順位は1位で、大統領が死亡したり辞任したりした場合には職務を継承する。◯大統領が大統領に昇格した例はこれまで9回ある。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62578490S0A810C2EA2000/