2024年6月11日(火曜日) 1ページ 外資ファンドの話題

米欧の買収ファンド会社が日本企業への巨額投資に乗り出す。米ベインキャピタルは今後5年で5兆円と、直近5年の約2倍の投資計画を明らかにした。米ブラックストーンも不動産を含めて3年で1.5兆円の投入をめざす。米欧より高いリターンの見通しや円安など好条件にあるとの認識を強めているためだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO81299510R10C24A6MM8000/

2023年8月21日(月曜日) 1ページ 半導体設備投資の話題

半導体設備投資にブレーキがかかっている。世界主要10社の2023年度の投資額は前年度比16%減の1220億ドル(約17.5兆円)で4年ぶりに減少する。将来の成長期待をにらんだ政府主導の投資誘致で工場の建設ラッシュが続いたが、中国景気の減速懸念もあり各社は投資に慎重になっている。足元では価格に下押し圧力が働くと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73747400R20C23A8MM8000/

2023年2月26日(日) 1ページ 生成AI マネー流入加速

文章や画像を自動生成する人工知能(AI)への投資が活発になっている。米マイクロソフトが投資する米オープンAIを筆頭に多くのスタートアップが巨額の資金調達に成功。世界の生成AI企業の価値は計約480億ドル(約6.5兆円)と2年で6倍に拡大した。影響力を高める新技術を使いこなせるかは国や企業の成長力に響くと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68777330W3A220C2MM8000/

2022年12月13日(火) 1ページ つみたてNISA3倍

政府・与党は2024年に恒久化する少額投資非課税制度(NISA)の年間の投資枠をつみたて型について現行の3倍の120万円に、一般型を2倍の240万円に増やす方針を固めた。合計で年360万円の投資枠を設け、貯蓄から投資の流れを促す。相続・贈与制度も変更する。資産形成・移転のあり方を大きく見直すと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66772340T11C22A2MM8000/

2022年11月20日(日) 1ページ 自社株買い増加

世界の企業が自社株買いを増やしている。2022年1~10月に企業が公表した自社株買いの計画は約7500億ドル(約105兆円)と1~10月としては18年以来4年ぶりの多さだ。金融引き締めで株価が下落し株主からの要求が強まった。利益配分を巡っては賃金や投資とのバランスを問う声がある。海外では自社株買いした企業に課税しようとする動きもあると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO66145720Q2A121C2MM8000/

2021年11月1日(月) 日本経済新聞 15面 アラムコ、7月〜9月

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが31日発表した2021年7~9月期の純利益は前年同期に比べ2.6倍の約304億ドル(約3兆5000億円)だった。原油価格の高騰を受け、販売収入が増加。石油精製や石油化学事業の収益が膨らんだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77151060R01C21A1FF8000/

12月9日(日) 日経1面 ソフトバンクの実像(上) 異形の「利益日本一」

ソフトバンクグループが大株主となっているアメリカの会社の時価総額がおよそ半分になっています。