2024年6月17日(月曜日) 5ページ 米大統領選と公約の話題

11月に迫る米大統領選はラストベルト(さびた工業地帯)と呼ばれる米中西部から東部にかけての4州の勝敗が命運を決める。その1つであるオハイオ州はトランプ前大統領への支持が10ポイント広がり、もはやバイデン大統領が同州での勝利を諦めたようにもみえると日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO81430280W4A610C2FF8000/

2024年5月5日(日曜日) 3ページ 為替と米大統領選の話題

米大統領選は5日、投開票まで残り半年となる。勝敗を決する激戦7州すべてで共和党のトランプ前大統領が民主党のバイデン大統領に先行する。過去10回のうち7回は半年前の世論調査で優勢だった候補が制したものの、予断を許さない戦いが続くと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO80468600V00C24A5EA2000/

2024年2月26日(月曜日) 1ページ トランプ氏5連勝の話題

米主要メディアは24日、11月の米大統領選に向けた共和党の候補者を選ぶ南部サウスカロライナ州の予備選で、トランプ前大統領が勝利を確実にしたと報じた。

対抗馬で同州知事を務めたヘイリー元国連大使の地元を制し、5連勝で指名獲得に近づいたと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78745330W4A220C2MM8000/

2024年2月17日(土曜日) 9ページ 『ほぼトラ』ほかの話題

トランプ前大統領(77)が11月の米大統領選の共和党候補指名を確実にしつつある。不測の事態がない限り、前回2020年と同じトランプ氏とバイデン大統領(81)の再戦となる。米世論調査の数字から「もしトラ」ではなく「ほぼトラ」ではないか、との見方も出ている。世界はどう変わるのか。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78526700W4A210C2TCR000/

2024年2月5日(月曜日) 3ページ 米中の勢いについて

米中経済の勢いに差が出ている。米国は力強い成長を続ける一方、中国は減速懸念がくすぶる。この傾向はいつまで続き、国際秩序にどう響くのか。両国の経済・金融に詳しい米コーネル大のエスワー・プラサド教授に聞いた。(日本経済新聞より引用)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78225940U4A200C2NN1000/

2024年1月25日(木曜日) 1ページ アメリカ大統領選の話題

米国のトランプ前大統領は23日、11月の大統領選に向けた共和党の候補者指名争いの2戦目を制した。主要メディアが報じた。中西部アイオワ州の党員集会に続き2連勝し、指名獲得へ前進したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77936470V20C24A1MM8000/