2024年1月30日(火曜日) 1ページ 光の半導体の話題

NTTは次世代通信基盤「IOWN(アイオン)」の中核技術で大幅な消費電力削減につながる光半導体を開発する。米インテルなど半導体メーカーと連携し、韓国半導体大手のSKハイニックスとも協力する方向で調整する。日本政府が計約450億円を支援する。データインフラはデジタル社会の要となる。日米韓連合で国際標準のデータ基盤技術の確立を狙うと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78061270Z20C24A1MM8000/

2023年11月9日(木曜日) 1ページ 半導体の話題

第25回日経フォーラム「世界経営者会議」(IMD)が8日、閉幕した。米インテルのパット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は「人工知能(AI)はインターネットの出現と同じぐらいのテクノロジーの進化をもたらす」とし、10年後に半導体の演算処理能力が現状の100倍に急拡大するとの見通しを示したと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75982190Z01C23A1MM8000/

2023年8月9日(水曜日) 1ページ 英アーム社の話題

ソフトバンクグループ(SBG)傘下の英半導体設計大手アームは9月に米ナスダック市場に上場する方針を固めた。上場と同時に米アップルや韓国サムスン電子など複数の事業会社がアームに出資する。上場時の時価総額は600億ドル(約8兆6000億円)超になる見込みで、2023年で世界最大の新規株式公開(IPO)案件になりそうだと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73468780Z00C23A8MM8000/

2023年3月26日(日) 1ページ ゴードン・ムーア氏、94歳

米半導体大手インテルの共同創業者のゴードン・ムーア氏が24日、米ハワイ州の自宅で死去した。半導体産業の技術革新の指針である「ムーアの法則」の提唱者としても知られる。同氏の設立した財団とインテルが発表した。94歳だったと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69602650W3A320C2MM8000/

2023年3月6日(月) 1ページ 脳腫瘍をAI解析

米インテルは人工知能(AI)の新たな活用により、脳腫瘍の検出精度を従来より3割高めた。世界71の医療機関などと連携したうえで、データを特定の場所に集めず分散した状態でAIに学習させる「連合学習」と呼ばれる先端技術を採り入れた。患者のプライバシーやセキュリティーに配慮しつつ希少な悪性脳腫瘍の治療に役立つ。他の疾病の診断や治療でも広がりそうだと日本経済新聞が報じています。。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69003350W3A300C2MM8000/

2021年5月10日(月) 日本経済新聞 5面 時価総額の増加額

新型コロナウイルス下でも金融緩和による投資マネーの勢いは衰えず、世界の主要企業の時価総額が拡大した。米アップルの増加額はこの1年余りで121兆円と、メキシコの名目国内総生産(GDP)を上回る。時価総額が増えた企業を地域別にまとめると、「半導体」「電気自動車(EV)」「コロナ後」の3つのキーワードが浮かぶと日本経済新聞が報じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71691970Z00C21A5TB0000/